いい株まとめ

2ch、5ch、Twitterなどから株等の儲かる情報をまとめます。 日本株と米国株が中心。 方針は儲かると面白いの二本立てです。

        
       当サイトはアフィリエイト広告を利用しています     

    長期

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    job_suugakusya

    (*・ω・)ノ 長期物の利回りが短期より悪いという現象は異常だから
    景気後退のシグナルと言われているんだね

    2年金貸すより30年金貸す方が金利低いってすげえ状況だなw


    逆イールド (ぎゃくイールド)

    逆イールドとは、短期金利が長期金利の水準を上回る状態(長短金利の逆転現象)を指します。一般的に、過度な金融不安や過激な政策変動により短期金利が急騰したことで生じるために、その発生後は景気後退が訪れるケースや株価が調整に転じるシグナルとされています。米国の国債市場で3カ月物米財務省短期証券の利回りが、10年債国債の利回りを上回る長短金利の逆転が起きることが代表的な事例となっています。(SMBC日興証券)

    488: 山師さん (ワッチョイ aa83-9h1f [133.201.9.129]) 2022/04/02(土) 00:39:44.59 ID:qZDVfUVg0
    もう金利ハチャメチャで草

    【(米国株)逆イールド発生はなぜヤバイ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    money_toushi
    820: 山師さん (スププ Sd33-Ucuy) 2022/03/21(月) 09:17:25.88 ID:8K5xWTrsd
    このスレ民って何だかんだ上手くトレードしてる人多いよな
    阿鼻叫喚しつつも余力を使ってナンピン買いしてる人多かったしな
    俺なんて、25000までの下落で何一つ買えなかった
    皆、○○世紀とかいいながらトヨタとかナンピンしてるのになw

    だから、今の上昇で値を戻してるだけで資産は2月末よりまだ下
    何のための余力だよって後悔中や

    投資に馴れ合いは不要って言われるが、このスレのお陰で25000割っても狼狽売りしなかったのは感謝してる

    【(含み損を耐える会)実はお前らトレードうまいのでは】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    money_toushi

    235: 今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった (ワッチョイ ab54-+lKM) 2022/03/08(火) 08:14:58.71 ID:NmfOSgb50
    ホンマにsp500連動etfに投資してたら勝てるん?
    もう一生プラスにならん気してきた

    【ホントにsp500連動etfに投資してたら勝てるのか自信がない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    job_suugakusya

    (*・ω・)ノ 日本株でも単元未満株だと狼狽売りせず勝てるというひともいるし
    自分のメンタルに応じた手法をとったほうがいいね

    ETFだと俺のメンタルだとすぐ狼狽売りしてしまうから結局投資信託の方が長期的にマシ

    684: 山師さん (アウアウクー MM2b-e7PP [36.11.224.83]) 2022/02/28(月) 08:16:47.03 ID:X2cg9CCMM
    投資信託今日注文出すのはありやな
    こういう日こそ出すべき

    【(株とメンタル)投資信託とETFは一長一短あるゾ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    statue-of-liberty-267948_640
    1: 風吹けば名無し 2022/02/16(水) 00:28:04.41 ID:1txOlh530
    戻し始めて草

    【【朗報】アメリカ株、結局上がるww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title

    (*・ω・)ノ ETFを買うことで、長期・分散投資をしたわけですな
    ほったらかし投資は長期、分散になるかが肝だね

    民主党政権時代に退職金が入って、使い道ないからと
    日経平均のETF買ったうちの母親は、放ったらかしでボロ儲け。


    668: ニューノーマルの名無しさん 2022/01/20(木) 20:35:40.16 ID:1Ru/w61c0
    コツコツドカンの逆を行きたい

    【母ちゃんのほったらかし投資法】の続きを読む

    このページのトップヘ