いい株まとめ

株等の儲かる情報をまとめていきます。 方針は儲かると面白いの二本立てです。

    自動車

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    car-1149997_640

    1: 風吹けば名無し 2021/04/17(土) 05:41:08.99 ID:xy5Nyq0C0
    1台分の車間開けてたらそこにねじ込むやつ

    【「こいつ運転下手だなぁ」と思うやつの特徴】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    car_blue
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/04/11(日) 20:02:25.730 ID:liuqrcGu0
    変わってるな

    【お前らってリセール考えずに車買ってるのwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    car_blue
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/03/26(金) 10:48:17.260 ID:65/GnYC+d
    回避したことあるやつおりゅ?

    【オービスの出頭通知来たんじゃが】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    car-1149997_640
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2021/03/22(月) 15:20:43.29 ID:CAP_USER
    編集部:椿山和雄2021年3月15日 17:48

    2021年3月15日 発表

    https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/1312/141/545_l.jpg
    2020年11月1日~11月30日の車両本体の車名別盗難状況


     日本損害保険協会は3月15日、「第22回自動車盗難事故実態調査結果」を発表。車両本体盗難の車名別盗難状況として、トヨタ自動車の「ランドクルーザー」が、2020年2月の前回調査に続きワースト1となった。

     同調査の調査期間は2020年11月1日~11月30日で、調査対象は損害保険会社18社(損保協会非会員会社を含む)。対象事案は、全国で発生した自動車本体盗難事故および車上ねらい(部品盗難含む)事故で調査期間内に車両保険金の支払いを行なった事案となり、車両本体の盗難の調査総数は158件、車上ねらいの調査総数は121件となっている。

     車両本体の盗難における、車名別盗難状況は以下のとおりとなる。

    車両本体の盗難の車名別盗難状況
    1位:ランドクルーザー:25件(15.8%)
    2位:プリウス:22件(13.9%)
    2位:レクサス LX:22件(13.9%)
    4位:レクサス LS:12件(7.6%)
    5位:クラウン:9件(5 .7%)
    6位:アルファード:5件(3.2%)
    6位:レクサス IS:5件(3.2%)
    6位:レクサス RX:5件(3.2%)
    9位:ハリアー:4件(2.5%)
    9位:スカイライン:4件(2.5%)
    11位:ヴェルファイア:3件(1.9%)
    11位:ハイエース:3件(1 .9%)
    11位:マーク(クレスタ、チェイサー、マークX、マークII):3件(1.9%)

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1312141.html

    【【社会】 車名別盗難ワースト1に「ランドクルーザー」 日本損害保険協会「第22回自動車盗難事故実態調査結果」発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    car-1149997_640
    1: かも ★ 2021/03/22(月) 13:53:53.36 ID:xrQLXOO/9
    なぜ350万円以上の「アルファード」が独走状態? 兄弟車&ライバルに大差を付けた理由とは
    2021.02.03 Peacock Blue K.K.
    国産車において、エントリーモデルが350万円以上するトヨタ「アルファード」は高級ミニバンといえます。しかし、日本のミニバン市場にはさまざまなモデルが存在するなかで、アルファードが2020年のミニバン市場でもっとも売れたモデルとなったのです。なぜ兄弟車「ヴェルファイア」や日産「エルグランド」、ホンダ「オデッセイ」はアルファードに大差を付けられるのでしょうか。


    アルファードなぜ一人勝ち? 兄弟車やライバルに勝る要因とは

     ミニバン市場において、2020年の販売台数で首位となったトヨタ「アルファード」。エントリーモデルが350万円以上することから高級ミニバンともいわれています。
     
     しかし、日本のミニバン市場には100万円台から設定されるモデルも存在するなかで、なぜアルファードは兄弟車「ヴェルファイア」や日産「エルグランド」、ホンダ「オデッセイ」に大差を付ける形で飛躍したのでしょうか。


     日本自動車販売協会連合会が発表する登録車販売台数では、アルファードは2020年に9万748台(前年比132.1%)を記録して、全体5位にランクイン。

     アルファード以降では、7位ホンダ「フリード」の7万6283台(89.1%)、8位トヨタ「シエンタ」の7万2689台(65.6%)とコンパクトミニバンが続きます。

     そして、全体20位まででは10位トヨタ「ヴォクシー」の6万9517台(79%)、11位日産「セレナ」の6万8648台(73.8%)、16位トヨタ「ノア」の4万5434台(86.2%)、20位ホンダ「ステップワゴン」の3万4441台(65.4%)となっています。

     一方で、兄弟車として知られる「ヴェルファイア」は、もともとはアルファードよりも販売台数では上位を誇っていましたが、現在ではその関係が逆転しています。
    https://kuruma-news.jp/post/342139

    【EV】テスラ、日本で売れない 昨年販売は2000台未満
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1616370306/

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1616371356/

    【【車】アルファードが売れまくり 350万円以上なのになぜ? 昨年販売は9万台超】の続きを読む

    このページのトップヘ