いい株まとめ

株等の儲かる情報をまとめていきます。 方針は儲かると面白いの二本立てです。

    経済

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    robot_heart_kokoro
    1: ムヒタ ★ 2021/09/16(木) 09:04:36.24 ID:CAP_USER
    ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長は15日、オンラインで開催した講演で、「日本復活の鍵は『スマボ』。人工知能(AI)で臨機応変に自ら学ぶスマートロボットがあらゆる産業の労働力を置き換えていく」と述べた。傘下のファンドなどを通じてロボット分野で計18社に出資しており、「日本企業にも続々とサービスを提供したい」との考えを示した。

    法人顧客向けイベント「ソフトバンクワールド2021」で講演し、「日本は1980年代に世界一の技術で経済をけん引したが、いまは労働人口が減り、生産性も低迷して危機だ」と語った。孫氏は携帯電話の主役が「ガラケー」と呼ばれる従来型端末から米アップルの「iPhone」などスマートフォンに交代したことに触れたうえで、「製造現場で普及している、人によるプログラミングで決まった操作をするロボットは『ガラボ』だ。今後はAIで自ら学ぶ『スマボ』に変わる」などと強調した。

    講演ではヒト型ロボットのほか、医療、物流、清掃、飲食店の配膳向けにAIを活用したロボットを紹介した。AIロボットはプログラミングの手間を省けるうえ、24時間稼働し各産業の競争力が約10倍高まると指摘。孫氏は「『スマボ』を1億台導入できれば、10億人の労働人口に相当する」として、傘下のソフトバンクやソフトバンクロボティクス(東京・港)を通じて、投資先による日本でのサービス展開を支援する考えを示した。

    SBGは傘下のファンドを通じて、世界のAI関連のユニコーン(評価額10億ドル=約1100億円以上の未上場企業)を中心として約300社(投資完了前の43社含む)に投資している。ロボティクスを重点分野の1つに据え、倉庫内の商品配送向けロボットを開発するノルウェーのオートストアなど計18社に出資した。「自動運転から手術、清掃、倉庫など何から何まで最先端の『スマボ』企業軍団をつくった」という。

    一方で、SBGのファンドの役割について「基本的に自らオペレーションするより、各企業の成長を資本家の立場で支援する」と述べた。21年に入り、子会社だった米ロボット開発のボストン・ダイナミクスの大半の株式を韓国の現代自動車グループに売却し、SBGは出資比率を20%に下げた。かつてはヒト型ロボット「ペッパー」を開発して事業化したが、投資に集中する姿勢を強めている。
    2021年9月15日 13:09
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC150EX0V10C21A9000000/

    【【ロボット】ソフトバンクG孫氏、「日本復活の鍵は『スマボ』」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    money_yen_bill1

    (*・ω・)ノ  自民党総裁選は17日告示され、29日に投開票

    1: 田杉山脈 ★ 2021/09/14(火) 17:07:33.57 ID:CAP_USER
    「河野太郎氏の金融政策に関する考え方は」――。自民党総裁選に出馬表明した河野規制改革相の高い人気を受け、市場でそんな関心が強まっている。日銀金融緩和の出口政策に触れた4年前の同氏の言動が背景にある。仮に首相に就いた場合は市場の混乱を招く発言は当面封印するとみられ、円高圧力がかかる展開も避けられそうだが、経済情勢が改善に向かえば姿勢が変わる可能性も無視できない。

    河野氏の人気の高さを市場に示したのが9~...
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCD140SD0U1A910C2000000/

    【【経済】「河野首相」でも円高回避 緩和出口論、当面封印か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    houmon_shinryou2
    1: 風吹けば名無し 2021/09/14(火) 08:12:09.68 ID:QaWO2Hvad
    日本で新型コロナウイルスワクチン接種完了者の割合が対象者の50%を超えた。日本政府はこれを基に11月にも防疫規制を緩和する「ウィズコロナ」政策を実施することにした。

    新型コロナウイルス対策を指揮する西村康稔経済再生担当相は12日夜のNHKの番組に出演し、「ワクチン接種完了者が全人口の50%を超えた」と発表した。首相官邸ホームページは13日の統計を基準とし、1回目の接種率が63.0%、2回目の接種率は50.9%と明らかにした。西村氏は放送で、9月末には全国民の60%が接種を完了し、英国やフランスと同水準に達すると予想した。

    接種加速化に力づけられ一時は2万人を超えていた日本の1日当たり新型コロナウイルス感染者は大幅に減っている。13日の感染者は東京の611人を含め全国で4171人となり、4日連続で1万人を下回った。月曜日基準で東京五輪開会直前である7月19日の2328人から8週間ぶりの低水準だった。日本政府は減少傾向を継続するため東京や大阪など19の都道府県に12日を期限に出していた緊急事態宣言を今月末まで延長した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c1623318a5177f6b926a20c07aa44ec7f5cbc05b

    【【悲報】日本のワクチン接種完了者50%を超える】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    mt1626333_MCUS-01_mercari
    1: 田杉山脈 ★ 2021/09/12(日) 13:00:22.84 ID:CAP_USER
    欧米で拡大している買い物の代金をあとで支払う「後払いサービス」について、日本では、ふだんから利用しているという人が20%余りだったことが導入した企業の調査でわかりました。

    フリマアプリ大手の「メルカリ」は、おととしから系列のスマホ決済、メルペイで買い物をした場合、最大30万円まで翌月以降に払うことができるサービスを始めています。

    ことし3月に、10代から50代の800人によく使う支払いの手段を複数回答で聞いたところ、現金が91%、クレジットカードが62%、QRコード決済が44%だったのに対し、後払いは23%でした。

    クレジットカードやQRコード決済と比べると、利用者はまだ少ないものの、デビットカードよりは高い水準となっています。

    後払いサービスをめぐっては、日本でも導入の動きが出ていて、アメリカの電子決済大手「ペイパル」は今月7日、後払いサービスを手がける日本の会社を3000億円を投じて買収すると発表しました。

    欧米では若い世代を中心に市場が拡大していますが、日本でもネット通販が広がる中、この新しい支払い方法がどこまで浸透するかが焦点です。

    ニッセイ基礎研究所の久我尚子上席研究員は「まだまだ浸透道半ばで、伸びしろのあるサービスと感じている。自分の使った金額を把握したうえで、サービスを使うことが重要だ」と話しています。

    人工知能が利用者の信用力を独自に判断
    このうち後払いサービスを導入しているメルカリは、クレジットカードを持っていないなど、20代から30代の若い世代をターゲットに利用者を伸ばしています。

    クレジットカードの場合、カードを発行してもらうには、収入状況などに関する審査が必要になりますが、メルカリの後払いサービスはこうした審査はありません。

    フリマアプリの取り引きデータから、商品を売ったときに期日どおりに発送したかや、逆に、商品を買ったときに代金の支払いが遅れていないかなどをAI・人工知能が分析し、利用者の信用力を独自に判断。

    これをもとに後払いできる金額を多くしたり、少なくしたりしています。

    収入が少ない大学生でも、メルカリでの取り引きに問題がなければ、安定した収入を得ている会社員より、上限額が高くなる場合もあるということです。

    会社によりますと、後払いサービスでの支払い率は99%で、こうした仕組みを取り入れたことで、貸し倒れのリスクを一定程度、抑えているとしています。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210910/k10013254311000.html

    【【決済】買い物代金 “後払いサービス”「ふだんから利用」20%余】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    businessman_workaholic_woman
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2021/09/01(水) 06:16:51.15 ID:CAP_USER
    トピック
    新型肺炎
    コロナ禍で収入印紙「追放」進む
    電子契約の広がりが影響
    2021/8/30 21:27 (JST)8/30 21:35 (JST)updated
    ©一般社団法人共同通信社


    収入印紙
    https://nordot-res.cloudinary.com/c_fill,w_400,h_210,g_faces,q_auto:eco/ch/images/805053477692719104/origin_1.jpg


     新型コロナウイルス禍によるテレワークの電子契約が広がり、5万円以上の領収書、工事や不動産関連の契約書など、課税文書に貼る収入印紙の“追放”が進んでいる。
    「脱はんこ」も追い風となり、年間約2800億円に上るとされる国の印紙税収入が減る可能性がある。一方、電子化が進まない業界では引き続き印紙税の納付が必要で「不公平」との声も出ている。

     矢野経済研究所によると、電子契約サービスの市場規模は事業者売上高ベースで2019年は68億円だったが、20年は予測値が108億円に。24年には264億円に達する見通しだ。

    https://nordot.app/805049358067433472?c=39550187727945729

    【【社会】コロナ禍で収入印紙「追放」進む 電子契約の広がりが影響】の続きを読む

    このページのトップヘ