いい株まとめ

株等の儲かる情報をまとめていきます。 方針は儲かると面白いの二本立てです。

    環境

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    money_toushi
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/09/20(月) 16:39:18.989 ID:atp6kU7K0
    全財産ぶち込んだ

    【元金1000万で株やり始めて1年で200万プラスって普通?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1_hokkaidou
    1: ブギー ★ 2021/09/19(日) 15:26:10.15 ID:hEd01Mf19
    食欲の秋。北海道の代表的な秋の味覚といえばイクラです。しかし、その価格が高騰しています。

     一方でサケの定置網には本来取れない魚がかかっています。いま、海に何が起こっているのでしょうか。

     温かいご飯にのせたイクラ。口の中ではじける感触が恋しい季節になりました。

     安野 陽介 ディレクター:「新鮮な生筋子。こちらでは、ちょっと高めの100g1200円です」

     札幌市西区の「鮮魚鯔背」では、漬ける前の生筋子の価格に異変が。

     鮮魚鯔背 小野 真さん:「2019~2020年は100gあたり600円で販売。倍の値段になっている」

     何と2020年の倍の値段です。そのワケは?

     鮮魚鯔背 小野 真さん:「史上2番目くらいのサケの不漁予想が出ていた。この後も値段は下がらないと思う」

     北海道東部の釧路町昆布森漁港です。秋サケ漁がそろそろ最盛期を迎えるはずなんですが…。

     秋サケ漁 漁船員 川原田 良己さん:「全然サケが取れなくて、3日ぶりの出漁。それで170匹の水揚げは始まって以来の少なさ」

     通常この時期のサケの水揚げは1日2000匹ほどですが、この日はわずか170匹。壊滅的な少なさです。

    続きはソース元にて
    https://news.yahoo.co.jp/articles/53dcab1e513ad7d04e0294e286f5f91c3c00ebeb

    【【水産】北海道の秋の味覚に異変 「イクラ」が高騰 去年の2倍になったワケ…一方で大漁の魚も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    architecture-1836070_640
    1: 風吹けば名無し (9級) 2021/09/17(金) 14:55:09.85 ID:269e6Gy0d
    渡邉 和人@不動産投資家 1万円物件プレゼント企画開催中
    @investorkazuto
    これが今日買った10万円の家




    VIPQ2_EXTDAT: checked:default:1000:512:: EXT was configured

    【不動産投資家さん「10万円で買った家がこちら」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    business_eigyou_man
    1: 風吹けば名無し 2021/09/18(土) 10:40:48.29 ID:f+khcFwqd
    ちな何が起きてるかは具体的にはわからん模様
    SBIに買収されようが仕事があればそれでええ✌

    【新生銀行リーマンワイ、連日の報道に震える】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    present_box
    1: 風吹けば名無し 2021/09/12(日) 00:49:49.45 ID:H8VdiPxx0
    9月9日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)で、「親ガチャ」の話題となった。

    これを受け、NEWSの小山慶一郎は「嫌な言葉ですね。親ガチャってワードがまず嫌だな。親はショックだよね」と不快感を示した。

    オネエのナジャ・グランディーバは、金持ちの友人を羨むのは仕方ないとしても、
    「金持ちの子はそれなりにストレスがある。(自分が)何か思うことがあっても親は必死に育ててくれた」と思えないのかとコメント。
    また、元フジテレビの大島由香里アナウンサーも、「親になってから親のありがたみがわかった。
    親ガチャとか言っている学生たちは、自分が親になった時に後悔すると思う」と批判的に捉える。

    https://www.excite.co.jp/news/article/Real_Live_200151318/

    【【悲報】ジャニーズ&女子アナ「親ガチャとか言ってる陰キャが不快すぎる」】の続きを読む

    このページのトップヘ