いい株まとめ

株等の儲かる情報をまとめていきます。 方針は儲かると面白いの二本立てです。

    法律

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    computer_crt_monitor_desktop
    1: 少考さん ★ 2021/04/02(金) 03:29:14.14 ID:mBSo/MR59
    ※産経ニュース

    巨大IT規制が本格始動 経産省、アマゾン、楽天など対象企業を指定
    https://www.sankei.com/politics/news/210401/plt2104010006-n1.html

    2021.4.1 10:50

    経済産業省は1日、巨大IT企業を規制する新法の対象に、アマゾンジャパン、グーグル、アップルの米3陣営と、楽天グループ、ヤフーの国内2社を指定した。各社に契約条件などの開示を義務付け、利用事業者との取引の透明化を図る。日本式の巨大IT規制が本格始動した。

    新法は2月に施行された「特定デジタルプラットフォームの透明性および公正性の向上に関する法律」。国内流通総額が3千億円以上のオンラインモールと、2千億円以上のアプリストアを手掛ける企業を規制の対象とする。

    指定された企業はオンラインストアの出品事業者らに対し、契約条件を変更する際の事前通知といった義務も課される。経産相は情報開示が不十分だと判断した場合などには、必要な対応を取るよう勧告でき、是正されなければ措置命令も出せる。


    ※関連リンク
    「特定デジタルプラットフォームの透明性及び公正性の向上に関する法律」の規制対象となる事業者を指定しました (METI/経済産業省)
    https://www.meti.go.jp/press/2021/04/20210401003/20210401003.html

    【【経済産業省】巨大IT規制が本格始動 アマゾン、楽天など対象企業を指定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    car-1149997_640
    1: ボラえもん ★ 2021/02/22(月) 18:59:57.52 ID:ujQlPiMV9
    ドイツが自動運転レベル4(高度運転自動化)の解禁に大きく動き出したようだ。
    日本貿易振興機構(JETRO)によると、ドイツ連邦政府はレベル4車両の公道一般走行を可能にする道路交通法の改正案を閣議決定したという。
    2021年半ばまでの法案可決、2022年までの施行を目指すとしている。

    新たな法改正はどのような中身なのか。レベル4の開発動向などとともに解説していく。

    ■ドイツの道交法改正の概要
    改正法案では、自動運転車の技術的要件や認可・車検、運転者の義務、データ処理に関する規定などが新たに盛り込まれた。
    レベル4走行が認められる分野には、シャトル交通サービスや自動運転ミニバス、ハブ・トゥ・ハブ交通、
    オフピーク時のニーズに応じたサービス、ラストワンマイルにおける人の移動やモノの輸送、自動バレーパーキングなどを挙げているようだ。

    ドイツでは、2017年にレベル3走行を可能にする道交法や道路運送車両法の改正が行われているが、現実的な運用には至っていない。
    EU各国と地続きで連なるドイツでは、EUの枠組みにおける基準や国際基準の重要性が特に高く、事実上「待った」をかけられた状況となっている。

    なお、国連の自動車基準調和世界フォーラム(WP29)において2020年にレベル3に関わる国際基準が成立している。

    レベル4は、一般乗用車への搭載が軸となるレベル3と異なり、移動サービスなどが主体になることが予想される。
    ODD(運行設計領域)が限られるため、自国内に限った独自運用も行いやすく、今後の動向に注目だ。

    ■自動運転レベル4とは?
    レベル4最大のメリットはドライバーレスにあり
    レベル4は「高度自動運転化」を指し、特定の条件下においてドライバーを要しない自動運転を実現する。
    特定条件はODD(運行設計領域)と呼ばれ、各自動運転システムの能力に応じて、走行エリアや道路環境、速度、天気など安全に走行することができる条件を定める。

    「条件付自動運転化」と定義されるレベル3も特定のODDのもと自動運転が可能になるが、システムから手動運転の要請があった際、
    ドライバーは直ちに運転操作を行う必要がある。つまり、レベル3はドライバーの存在を前提としているのだ。

    レベル4もシステム次第で手動運転を交えることが可能だが、ODD内に限定した走行をすることでドライバーレスを実現できることが最大のメリットとなる。

    ドライバーレスは、自動運転タクシーや自動運転バスといった移動サービスや、
    ラストワンマイルを担う宅配などにおいて運用コストの大幅削減につながり、事業の継続性や新たなサービス展開を生み出す原動力となる。

    ■日本は現在はレベル3が解禁された状況
    日本では、2020年4月に道路交通法と道路運送車両法の改正が行われ、レベル3の走行が可能になった。
    レベル3搭載車両の一般販売はまだ行われていないものの、ホンダのレベル3自動運転システム「トラフィックジャムパイロット」が
    国土交通省から型式指定を受けており、保安基準に適合したシステムとしてまもなく市場化される見込みだ。

    レベル4は各地で積極的に公道実証が行われており、開発が加速している印象だ。
    2020年11月に茨城県境町が自治体として国内初となる自動運転バスの定常運行を開始しているが、
    セーフティドライバーが同乗し、適宜車両周辺の監視や運転操作に介入するレベル3以下の状態で運行している。
    実証などの一時的な運行を除き、ドライバー不在の公道走行は法律上まだ認められていないからだ。

    現行の道交法や道路運送車両法では、自動運行装置の存在が定義付けられたものの、運転者の存在を前提とした仕組みになっている。
    レベル4実現に向けては、運転者の存在を必ずしも前提としない新たなルール作りが必要となる。
    https://jidounten-lab.com/u_germany-level4

    【【車】自動運転レベル4、ドイツが「世界初」公道一般走行解禁へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    coffee-2714970_640
    1: Toy Soldiers ★ 2021/02/17(水) 10:44:37.81 ID:DtDBgD7X9
    コンビニコーヒーの先駆けとなったセブン-イレブン。何度かの試行錯誤を経て、2013年に大ヒット商品となった

     2020年1月21日、熊本市中央区のコンビニエンスストアで、レギュラーサイズのコーヒー(100円)を購入したにもかかわらず、ラージサイズのカフェラテ(200円)を注いだとして、区役所職員が現行犯逮捕されたという事件があった。
    職員は「お金がもったいなかった。数カ月前から20回はやった」と供述していることから常習性は明らかで、警察官が店内で待機していたため現行犯逮捕となったようだ。

    「今回の事件は、ラージを受け取るつもりがあったにもかかわらず、レギュラー分の代金しか払いませんでした。今回は窃盗容疑での逮捕になりましたが、要するに相手を騙すわけですから、詐欺に問われる可能性はあります」(猿倉健司弁護士)

     身近な存在となったコンビニコーヒーだが、我々もうっかりサイズを間違えて持ち帰ってしまったら、罪に問われるのだろうか?

    「持ち帰ったあとで気づいたのではなく、ボタンを押しているときに間違いと気づいたのに持ち帰った場合は、店員がすぐ横にいる状況ならば、詐欺になる可能性があります。
    レギュラーを飲むつもりで代金100円を支払ったのに、カップを受け取ってマシンのところに行くまでの間に『ラージサイズを入れちゃおう』と思った場合は、代金を支払う時点では店員を騙そうと思ってないので、窃盗になります」(同前)

     ところで各コンビニの店員は、コーヒーを購入した客が、マシンでどのボタンを押したのか、じつはわかっているのだろうか? 押し間違いに気づいた場合は、どのように対処しているのか? セブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソンのコンビニ大手3社に聞いた。

    「具体的な設備に関しては公開できないのですが、お客様がどのボタンを押したかは、店員にはわかるようになっています。
    お客様のサイズボタンの押し間違いに関しては、お客様のほうからお申し出をいただくこともありますし、お店の側で『違うのでは?』と気づいた場合には、お声がけさせていただいております」(セブン&アイ・ホールディングス広報)

    「現在、弊社のマシンでは、お客様に対しては店員がカップをお渡しするという形でオペレーションをしておりますので、店員側からはお客様が何を押したかはわかりません。
    もちろん、お客様が誤って押してしまう可能性もございますので、それを極力、防ぐため機械側のSやMの表記を、文字や写真で大きく表記しています。レジでカップをお渡しする際は、お客様に『Mサイズでよろしいですか?』と再度、確認をさせていただいております」(ファミリーマート広報)

    「弊社は、一部セルフの店舗もありますが、基本的には店員がコーヒーを注いでお渡ししています。そのためお客様による押し間違いは発生しません。
    セルフの場合は、店員側からお客様が何を押したかはわかりませんが、もし誤って違うボタンを押してしまった場合には、従業員までお声がけいただきたいと考えています」(ローソン広報)

     最後に、念を押すように猿倉弁護士が言う。

    「もし、みなさんも仮に押し間違えてしまったなら、絶対に店員さんに申告してください。自分から言わないでいると、間違えた可能性と、意図的にやった可能性が両方残ってしまいます。『騙すつもりがあってやった』と誤解されかねないので」

     間違ったら即座に訂正、どんな世界も、これ鉄則です!

    https://news.livedoor.com/article/detail/19708661/

    【【coffee】コンビニコーヒー、ボタン押し間違えたら店員にバレてる!? コンビニ各社に聞いてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    iphone-393080_640
    1: trick ★ 2021/01/12(火) 10:47:46.11 ID:CAP_USER
    ソフトバンクから楽天モバイルへネットワーク技術を不正持出、元社員逮捕(Impress Watch) - Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e763a6e4a6a5a25b6895c9992098d056506ade89

    1/12(火) 10:07配信

     12日、ソフトバンクは、同社から楽天モバイルへ転職した人物が、不正競争防止法違反で逮捕されたと発表した。同社から流出した内容を紹介するとともに、ユーザーの個人情報については流出内容に含まれていないと案内している。

     ソフトバンクの発表によれば、2020年2月、元社員が退職申告~退職の間、営業秘密にあたるネットワーク関連の情報を不正に持ち出していたことが判明した。そこで警視庁へ被害を申告していた。

     持ち出された情報は、4Gや5G向けの基地局設備、基地局同士や基地局と交換機を結ぶ固定通信ネットワークに関する技術だという。ただし元社員は、ユーザーの個人情報や、通信の秘密に関わる情報、あるいは法人の取引先情報へのアクセス権限はなく、持ち出された情報には含まれていなかった。

     「楽天モバイルが、ソフトバンクの営業秘密をすでに何らかの形で利用している可能性が高いと認識している」としており、今後利用されることがないよう、その利用停止と廃棄などのために民事訴訟を起こす方針。

     一方の楽天モバイルでは「警察の捜査へ全面的に協力してまいります。当該の社員はまだ在籍しておりますが、事実確認など詳細はまだ申し上げられる状態ではなく、(コメントを)控えます」としている。



    ソフトバンク元社員が「5G」情報持ち出し、楽天モバイル転職の容疑者逮捕 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20210112-OYT1T50092/
    https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210112-OYT1I50026-1.jpg

    【【携帯】楽天モバイル社員を産業スパイ容疑で逮捕 ソフトバンクから5G技術等を不正持出】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    job_suugakusya
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/01/09(土) 13:56:11.669 ID:TxtD9oaba
    どうする?

    【俺「ごめん、両替して」コンビニ店員お前ら「すみません、お断りしてます」俺「いいけど一万円でうまい棒買うぞ?」】の続きを読む

    このページのトップヘ