douga_haishin_youtuber

1: 名無しの投資家 2023/03/12(日) 15:34:18.30 ID:bKWFbt2I9
2023年3月12日 15:02

3月11日、「ヒカル」(登録者数485万人)が「10年間集め続けたカードコレクションを全て売ったら一体いくらになるのか?【遊戯王、ポケカ、デュエマ、MTG】」と題した動画を公開。カードコレクションを高額売却する様子を投稿しました。


大量のレアカードに未開封カートンも

ヒカルといえば、トレーディングカードゲームの熱心なコレクターとして知られており、10年にもわたってカードを集め続けています。
主に『遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム』や『デュエル・マスターズ』、『ポケモンカード』などのカードを収集しており、今年1月には1100万円分のポケモンカードを購入し、話題となっていました。

ヒカルいわく「カードの種類が多すぎて管理するのが大変」なのだとか。量より質にこだわるため、ヒカルは今回の動画でカードの断捨離を実施。
ソファーの上や金庫の中、クローゼットの中など、至る所にある大量のカードや山積みされた未開封の段ボールを映します。

適当に手に取っただけでも、「ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン」や「ブラック・マジシャン・ガール」のレリーフカードといったお宝カードがざくざく登場。ヒカルは兄のまえっさんと2人で「こんなんあったんや」「覚えてないわ」と懐かしみつつ、全てのカードを査定に出します。

コレクションは総額4603万に

査定してもらうのは、カードショップ「Clove」。ヒカルの動画にも度々登場している専門店です。
査定は1日かけて行われます。カードだけではなく、ボックスも“状態”によって金額が大きく変化するのだそうで、ヒカルは「ただ未開封じゃダメなんですね」「盲点でした」とコメントしました。

査定の結果は、デュエル・マスターズの合計枚数は138枚で、金額は673万4350円。マジックザギャザリングは2枚で70万円。ワンピースカードは584枚で13万5800円。遊戯王カードは366枚で1409万3770円。ポケモンカードは、鑑定で最高評価の「PSA10点」のものを集めていたということもあり、合計で2537万1829円。トータルでは4603万5754円となりました。

ヒカルは「PSA10点を基本的に集めて行くという方向に切り替えたいと思います」「状態Bのやつ持ってても、なんか嬉しくないんすよ」と発言します。現在ハマっているポケモンカードの多くは、状態も良いため手元に残し、遊戯王カードはPSA10点のカードと未開封の段ボール、世界に数点しかないレア物に厳選し、残りは手放すことに。ヒカルは1300万円分のカードを売りに出しました。

「売った金で買う」1300万円分のカードを購入
ヒカルは「1300万円、もうこの場で使っちゃおうかなと思ってて」「動画で持ち越しとか考えたんですけど、なんか面白くないじゃないですか」「売った金で買う」と言い、ショップにあったPSA10点のカードを購入します。

ヒカルは「シロナ」「アセロラ」「リーリエ」といった可愛い女の子のキャラクターのポケモンカードを中心に、新たなカードを1296万円で購入。楽しげに「1300万円ってこんなにすぐ無くなるん」「ポケモンカード好きすぎる」と話しました。

帰宅後、ヒカルは高価なカードを守るため、セコム付きの「最強の馬鹿でかい金庫を購入しました」と大きな金庫を紹介。「最強です」「敵なし」と言い、厳重な管理体制だとしました。「こっから先の10年、多分どえらいこと起きてます」「今後の僕のコレクター人生を温かく見守ってもらえたらと思います」として動画を締めくくりました。

https://yutura.net/news/archives/91222
https://youtu.be/HzMYrK3JZho

【YouTuberヒカル、10年かけ集めたトレカを1300万円で売却し、ポケカを即購入「売った金で買う」】の続きを読む