いい株まとめ

株等の儲かる情報をまとめていきます。 方針は儲かると面白いの二本立てです。

  • Twitter
  • RSS

    日本

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    supercomputer_gray
    1: HAIKI ★ 2022/08/06(土) 23:22:41.19 ID:CAP_USER
    →SMICは7nm半導体の出荷を開始-テックインサイツ
    →米国はSMICへの10nm線幅以下の関連装置販売を原則禁止

    本文はソース元で
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-07-22/RFE9OQDWLU6801

    関連ソース

    SMICが7nmプロセスで半導体を製造、TechInsightsがチップ解析にて確認
    https://news.mynavi.jp/techplus/article/20220725-2407859/

    中国の半導体メーカー「SMIC」がIntelすら苦戦した7nmチップを大量生産し世界第3位相当のファウンドリへ急成長している実態が判明
    https://gigazine.net/news/20220722-china-smic-chip/

    【【半導体】中国最大の半導体メーカー、7nm製造技術確立か-米制裁対象】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    money_market_bubble
    1: ムヒタ ★ 2022/07/22(金) 10:56:51.48 ID:CAP_USER
    家庭で消費するモノやサービスの値動きをみる6月の消費者物価指数は、天候による変動が大きい生鮮食品を除いた指数が去年の同じ月を2.2%上回りました。政府・日銀が目標としてきた2%を超えるのは3か月連続で消費税率引き上げの影響を除けば13年9か月ぶりの水準となります。

    総務省が発表した6月の消費者物価指数は、生鮮食品を除いた指数が2020年を100として、101.7となり、去年の同じ月を2.2%上回って10か月連続で上昇しました。

    上昇率が政府・日銀が目標としてきた2%を超えるのは3か月連続で、消費税率引き上げの影響を除けば2008年9月以来、13年9か月ぶりの水準となります。

    物価上昇の主な要因はエネルギー価格の高騰で、「エネルギー」全体では去年の同じ月と比べて16.5%の大幅な上昇となりました。
    以下ソース
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220722/k10013730541000.html

    【【経済】6月の消費者物価指数 前年同月を2.2%上回る 2%超は3か月連続】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    karyoku
    1: powder snow ★ 2022/07/08(金) 08:03:56.69 ID:w+788dsX9
    https://www.nikkei.com/article/DGKKZO62422140X00C22A7TB1000/

    急激な円安が進む足元の為替水準については、輸出面でメリットがある製造業は「プラス」「大いにプラス」の合計が70.0%に達し、「マイナス」「大いにマイナス」の計21.2%を大きく上回った。非製造業では「プラス」「あまり影響はない」が共に34.0%、「マイナス」「大いにマイナス」の合計が32.0%で拮抗している。

    JR東日本の深沢祐二社長は「インバウンド消費の伸びが期待できるため若干の円安が望ましい...

    【【経済】円安「プラス」製造業7割】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    money_yen_bill1

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2022/07/06(水) 14:13:33.81 ID:CAP_USER
    日本銀行が6日公表した「生活意識に関するアンケート調査」(6月調査)によると、1年後の物価が「上がる」と回答した人の割合は87.1%と、前回3月調査の84.3%から増加した。

    ●5年後の物価が「上がる」との回答は79.8%-前回調査は82.1%
    ●1年後の物価変化見通しは平均値プラス8.3%、中央値プラス5.0%-前回はプラス6.4%、プラス5.0%
    ●5年後の物価変化見通しは平均値プラス6.7%、中央値5.0%-前回はプラス5.1%、プラス3.0%
    ●現在の景況感DIはマイナス50.7-前回はマイナス53.8
    ●1年後の景況感DIはマイナス28.7-前回はマイナス17.1

    □関連記事
    価格転嫁が強まる、製造業の販売価格DIは80年以来の水準-日銀短観 - Bloomberg
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-07-01/REBCI0T0AFDQ01
    日銀が物価見通しを上方修正の可能性、22年度2%台-亀田前調統局長 - Bloomberg
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-07-04/REH5OWDWRGG101
    日銀重視の物価基調指標が上昇、予測に有効な指数は最高更新-5月 - Bloomberg
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-06-28/RDV55ST1UM0W01

    2022年7月6日 13:35 JSTBloomberg
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-07-06/REJJD6DWRGG001

    【【物価】個人の物価見通し、1年後上がる87.1%に増加-日銀・生活意識調査【生活意識に関するアンケート調査】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    online_kaigi_man
    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2022/07/04(月) 14:58:58.71 ID:CAP_USER
     日本政府は6月29日、ソフトバンクのIaaS「ホワイトクラウド ASPIRE」など7サービスを、クラウドサービスの認定制度「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度」(ISMAP)のリストに登録した。今後、これらの製品は政府調達の対象になる。

    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/2207/04/l_dy_ss_01.jpg
    新たに登録したサービスのリスト

     ホワイトクラウド ASPIREに加え、SaaSではソフトバンクのオンラインストレージ「PrimeDrive」やMDM(モバイルデバイス管理)サービス「ビジネス・コンシェル デバイスマネジメント」、富士通ラーニングメディアの学習管理SaaS「KnowledgeC@fe」を追加。

     他にも米GoogleのBaaS「Firebase」や、米Salesforce.comが提供する、同社のサービスをパブリッククラウド上で導入できるようにする「Salesforce Services on Hyperforce」、米VMwareが提供する、AWSのクラウド上でVMware環境を構築し、ハイブリッドクラウドとして利用できるようにする「VMware Cloud on AWS」をリストに登録した。

     一方で米Oracleの申し出を受けたとして、同社のPaaS「Oracle Cloud Infrastructure Platform as a Service」や、パブリッククラウド「Oracle Cloud」の提供基盤をユーザー企業のデータセンター内に構築する「Oracle Exadata Cloud@Customer」は削除した。ISMAPに追加済みのIaaS「Oracle Cloud Infrastructure」と登録情報を統合するという。

     ISMAPは、情報処理推進機構(IPA)などが民間のクラウドサービスの情報セキュリティ対策などを評価し、“政府認定クラウド”として登録する制度。各省庁は原則としてISMAPに登録された中からクラウドサービスを調達する。22年7月時点では、他にも米Microsoft、インターネットイニシアティブ、NEC、さくらインターネットなどのサービスが登録済み。

    □関連記事
    “政府認定SaaS”が誕生へ 政府のクラウドサービス認定制度に新しい枠組み パブリックコメント募集中
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2206/15/news210.html
    富士通の“政府認定クラウド”に不正アクセス 認証情報など盗まれた可能性 ロードバランサーの脆弱性悪用
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2205/18/news094.html
    “政府認定クラウドサービス”から自主的にサービス取り下げ 辞退企業に理由を聞いた
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2204/07/news073.html
    2022年はどんなサービスが“日本政府の共通クラウド基盤”に? 2021年の「ガバメントクラウド」動向から考える
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2112/27/news116.html
    さくらのクラウドやSlackが“政府認定クラウドサービス”に登録 各省庁の調達対象に
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2112/20/news155.html

    □関連リンク
    ISMAP 登録リスト
    https://www.ismap.go.jp/csm?id=cloud_service_list

    2022年07月04日 13時17分 公開
    ITmedia NEWS
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2207/04/news099.html

    【“政府認定クラウドサービス”にソフトバンクの国産クラウドなど追加 全7サービスがリスト入り】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    iphone-393080_640
    1: ムヒタ ★ 2022/07/04(月) 09:02:45.90 ID:CAP_USER
    アップルが、国内で販売するiPhoneなどの価格を値上げしました。
    背景には、急速に進む円安によって世界的にみて日本での販売価格の割安感が強まっていたこともあるとみられています。

    調査会社のMM総研は値上げ前の先月、日本やアメリカ、中国、タイなど34の国と地域を対象にアップルのオンラインストアで売られているiPhoneなどの販売価格を調べ、先月1日時点の為替レートをもとに円に換算して比較しました。

    すると、iPhone13の最も安いタイプでは国内での価格が9万8800円と34の国と地域の中で最も安く、日本以外の平均価格の12万6433円と比べると2万7000円余り安い状況でした。
    アップルが本社をおくアメリカでの価格は、11万6477円でした。

    MM総研の横田英明研究部長は「日本のiPhoneは世界的にみても安めの価格設定だったが、急速に進む円安によって割安感に拍車がかかっていた。日本で割安なiPhoneを購入し価格が高い海外で転売するケースもあり、アップル側はこれに対応する必要もあったのではないか」と指摘しています。

    そのうえで、横田部長は国内での影響について「値上げで『高い』という印象を持つ利用者が増えると思われる。日本はiPhoneのシェアが高い国だがアンドロイドの利用や中古端末の取り扱いが増えていく可能性もある」と話しています。

    中古スマホのオンライン販売が急増

    中古スマートフォンのオンライン販売を行っている業者によりますと、iPhoneの値上げが明らかになった今月1日、サイトでの売り上げは前の週の一日の平均と比べて4倍近くに急増しました。

    2万円から3万円で販売されている「iPhone8」がよく売れているということです。

    販売サイト「にこスマ」の井上大輔社長は「最新機種の値上げをきっかけに今後、中古品の相場が上がると考えた利用者が今のうちに買っておこうと考えて買い求めたのではないか」と話していました。
    2022年7月4日 6時46分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220704/k10013700921000.html

    【【スマホ】iPhone 日本の販売価格値上げ 世界的にみた割安感強まり背景か】の続きを読む

    このページのトップヘ