いい株まとめ

株等の儲かる情報をまとめていきます。 方針は儲かると面白いの二本立てです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    takarakuji
    1: 風吹けば名無し 2020/12/01(火) 10:23:42.85 ID:JFRAgbkdr
    でっかいハンバーグ!!!!くう!!!!!!!!

    【3億当たったらまずやること】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    takarakuji
    2: 風吹けば名無し 2020/11/28(土) 02:57:04.48 ID:B8+xTQxt0
    腹立つ奴片っ端から裁判起こす

    【10億当たった初日にやることww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    inemuri_isu_man
    1: リーモ(静岡県) [IT] 2020/10/09(金) 15:52:13.66 ID:QK2B2Uj20● BE:789862737-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/u_okotowari.gif
    MITメディア・ラボ、「見たい夢をみる」装置を開発…学習・創作などへの効果に期待

    MITメディアラボの研究チームは、夢の内容を形作るのに役立つデバイス、ドルミオを開発した。

    夢をコントロールする
    ドルミオは2つのパーツで構成されている。1つは音声を録音したり再生したりできるアプリ、もう1つは人の手首、人差し指、中指に装着するウェアラブルデバイスだ。これで心拍数や指の位置などをモニターし、着用者の睡眠パターンを把握することができる。
    着用者が睡眠の最初の段階に入ると、ドルミオが起動する。レム睡眠(急速眼球運動を伴う睡眠)と同様に、眠りの初期段階でも人は夢を見ることができるが、その段階ではまだ外の世界の音が聞こえ、完全に夢の世界に入り込んでいるわけではない。
    「このときの精神状態は奇妙で緩慢、かつ柔軟で、まとまりがない」と論文の筆頭著者であるアダム・ハール・ホロヴィッツ(Adam Haar Horowitz)博士は7月にMITニュースに語った。
    「それは、意識のレベルを高くして、没入感を与えるような感じだ」

    夢を使う
    夢の中でスキルを向上させる練習をすると、覚醒した状態でもそのスキルが向上することを示す研究もある。別の研究では、外国語で夢を見ると、その言語能力が向上する可能性があることが示された。

    [原文:A wearable sleep-tracker designed by an MIT team could give people the power to shape their own dreams]

    フルダイブ式VRデバイス装着時
    https://i.imgur.com/LpDYLeI.jpg

    フルダイブした世界の画像
    https://i.imgur.com/tQtKvoS.jpg

    2020/10/7
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f569862d345faf1ff683a70ec03c789c4247cc60

    【【速報】 米マサチューセッツ工科大学、フルダイブ式VRデバイスを完成 「見たい夢を見れる」装置】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    animal_hamstert_mawashiguruma
    1: 風吹けば名無し 2020/07/31(金) 18:15:33.04 ID:rDqiPraoa
    ワイ「20歳から描き続けて箸にも棒にもかからないなら無理やって…」

    ワイ「お前の漫画何回読んでもつまんねーよ…」

    友達「は?うるせーよ!人の夢をバカにすんな」

    ワイ「夢を追い続けるのは無理があるんだよ…」

    友達「ニートに言われたくねーよカス」


    どうすればええんやこいつ…

    【友達(37)「マンガ家になるんや!」 ワイ「もう、諦めろよ…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    mangaka_shimekiri_man
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/27(月) 03:59:02.237 ID:OMOGRRlK0
    就職を成功するか否かで終止符が打たれる夢より、一生追ってられる夢のほうを持った方が生きていける気がする
    叶わなくてもいい
    就職はちゃんとするよ

    【大学生だが脚本家の夢を追おうと思う】の続きを読む

    このページのトップヘ