いい株まとめ

2ch、5ch、Twitterなどから株等の儲かる情報をまとめます。 日本株と米国株が中心。 方針は儲かると面白いの二本立てです。

        
       当サイトはアフィリエイト広告を利用しています     

    売買

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    architecture-839776_960_720
    1: 記憶たどり。 ★ 2020/09/23(水) 00:19:51.55 ID:D6k4Qqin9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9a8157bad7d942464884872a005f2bd0fc021c74

    マンションを購入すると、毎月の住宅ローンのほか、管理費、修繕積立金などのランニング・コストがかかることを知っている人は多いだろう。

    しかし、ほとんどの人はその管理費、修繕積立金が固定的なものではなく、段階的に上がっていく仕組みになっていることを知らないのではないだろうか。

    当面の負担の軽さだけに騙されて買ってしまうと、5年後、10年後に「こんなはずではなかったのに……」ということになりかねないのだ。

    管理費「上昇傾向」のワケ
     
    マンションの管理費は、マンションの共用部分、敷地内の庭や駐車場、エントランス、
    エレベーターホール、共用廊下などを管理・維持・保全するのにかかる費用のこと。

    具体的には、管理員の人件費、共用部分の清掃費、エレベーターの保守点検費用、共用部分の火災保険料などに使われる。
    必要な費用を所有者全員が、専有面積割合に応じて分担するのがふつうだ。

    キッズルーム、ライブラリーなど共用施設の多い大規模物件、コンシェルジュを配置しているような高額物件、
    反対に1戸当たりの負担割合が大きくなる小規模物件などで管理費が高くなる傾向にある。

     こうした業務にかかる費用は、年々高くなっていくもの。入居者から集める管理費だけでは足りなくなってくれば、
    委託費の安い管理会社に切り替えるなどの対応策もあり得るが、それにも限度があり、いずれは管理費を引き上げなければならなくなる。

    首都圏の管理費は、10年で2割上昇

    国土交通大臣指定の不動産情報機関である東日本不動産流通機構では、毎年、マンションの管理費、修繕積立金に関する
    調査を行っているが、それによると、図表1のブルーの折れ線グラフにあるように、月額管理費の平均額は年々上昇している。

    ----------
    図表1 首都圏の建築年別の月額管理費と月額修繕積立金(単位:円)
    ----------
    https://news-pctr.c.yimg.jp/uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFs-Knw39CLTsfp6KpenqJJA8MAaww4_P-cS70N554ynC1eIhlFl7-TfIQIXgIA1UthhAooSCxpS6CrdSNvuGW_t_5da-0_5F_Kew6sLN70rdCGNOy0X9UQ2eyxQe_H9EeQ==
     
    2018年の首都圏の管理費の平均は1万7300円だが、10年前の08年は1万4651円だった。この10年間で18.1%のアップ。
    このペースで上がっていくと、18年の1万7300円は、10年後には2万円を超える計算だ。

    したがって、管理費を固定的なものと考えるのではなく、10年後、20年後などには管理費が引き上げられる可能性があることを念頭に入れておく必要がある。

    管理費を引き上げるには、管理組合での決議が必要で、経済的負担が重くなるため、反対する人も多く、簡単には引き上げられないケースが多い。

    しかし、反対があっても、いずれは引き上げないと管理不全に陥って、マンションの居住性が低下し、ひいては資産価値の低下をもたらしかねない。

    その意味では、管理費が適正に上がっていくことが、居住性や資産価値の維持に欠かせないことを理解しておきたい。 

    「均等積立方式」と「段階増額積立方式」
     
    一方、マンションでは日常の維持管理のほかに、建物や外壁、屋上、エントランスなどの共用部分を維持していくために
    定期的な大規模修繕が欠かせない。そのために必要な費用を、所有者がやはり専有面積割合に応じて負担していくのが修繕積立金だ。

    図表1のオレンジの折れ線グラフをみると、建築年別への修繕積立金が年々減少しているが、これは、大規模修繕にかかる費用が
    安くなってからではない。むしろ、人件費や資材費の高騰などで、かかる費用は年々高くなっている。

    にもかかわらず、安くなっているのには理由がある。それを理解するために、この修繕積立金の徴収方法には、
    「均等積立方式」と「段階増額積立方式」があることを知っておく必要がある。

    まず、「均等積立方式」というのは、25年、30年などの長期修繕計画に必要な費用を見積もり、当初からそれに必要な金額を
    均等に徴収していくという方式になる。30年間にかかる1戸当たりの大規模修繕費用が1000万円とすれば、それを30年間で均等割りして、
    月額2万7777円ずつ集めていくという形だ。

    ※以下、全文はソースで。

    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1600763735/
    1が建った時刻:2020/09/22(火) 10:41:54.68

    【【お住まい】ダマされるな…マンション購入5~10年後にやって来る意外な落とし穴「こんなはずではなかったのに……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    business_eigyou_man
    339: 風吹けば名無し 2020/09/16(水) 15:21:58.78 ID:ZqN2sTJ50
    株って安く買って高く売ってをひたすか繰り返して儲けるんか?難しくない?

    【株の売買ムズイよね そこんとこどうなん?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    vegetables-1584999_640
    87: 風吹けば名無し 2020/08/26(水) 06:00:40.41 ID:Oh/qy7F90
    日本人「何かあったときに~」

    ほんまくそ

    【株ってすぐ現金化できる?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    hair_katsura_tobu
    (*・ω・)ノ 誤発注、怖いね
    冷静な判断ができる銘柄、株数で売買しよう


    1: 風吹けば名無し 2020/08/27(木) 15:55:59.36 ID:MSBHBjvha
    みずほ証券は27日、構造計画研究所株式の25日午前の取引で誤発注をしたと発表した。

    顧客が希望した量を大きく上回る買い注文を誤った方法で出し、約5500万円の取引が成立したという。注文内容の確認ミスとみられる。

    取引が成立したのは発行済み株式数の約0.3%に当たる1万8700株で、取引開始時に発生した。

    24日終値は2722円だったが、25日始値は2959円を付けた。構造計画研究所はジャスダック上場。

    みずほ証券は「原因究明を進めるとともに再発防止の徹底を図る」としている。

    同社は2005年に大規模な誤発注を起こしている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/fd6a90287732f79e0fee08afd4ee1f0e5f81bfed

    【みずほ、株の取引きでまたご発注wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    wakaremichi_man
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/06/07(日) 16:55:52.221 ID:K54ZY/Jy0
    特定って方で買ったのは今少しずつ売ってるけどニーサの方は持ってた方がいい?

    【株価暴落した時に買って今結構含み益出てるけど売った方がいい?】の続きを読む

    このページのトップヘ