いい株まとめ

2ch、5ch、Twitterなどから株等の儲かる情報をまとめます。 日本株と米国株が中心。 方針は儲かると面白いの二本立てです。

        
       当サイトはアフィリエイト広告を利用しています     

    価格

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    architecture-839776_960_720
    1: サソリ固め(北海道) [MX] 2020/05/27(水) 10:16:35.24 ID:LASnOWgJ0 BE:422186189-PLT(12015)
    sssp://img.5ch.net/ico/folder1_03.gif
    タワマン計画10万戸超 今年以降完成、民間見通し
    https://www.nikkei.com/article/DGKKZO59352540Q0A520C2TJ3000/

    【建設中のタワーマンション「10万戸」 どうするんだこれ…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    architecture-839776_960_720
    1: 田杉山脈 ★ 2020/05/24(日) 21:23:01.49 ID:CAP_USER
    ▼直線本能
    「世界の人口はひたすら増え続ける」という思い込み
    何かが直線的に増加していることを示すグラフを見たとき、そのまま伸びていく未来を想像してしまうのではないだろうか。それがロスリングのいう「直線本能」だ。だが、多くのグラフはやがてなだらかになり、横ばいに近づく。人の成長がいい例だ。身長がひたすら伸び続けていくことはありえない。世界人口も同様、現在は直線的に増加しているがやがては横ばいになる。真っ直ぐなグラフのほうが珍しいということを認識すべきなのだ。
    「東京都心のマンション価格だけは下がらない」という価値観
    新型コロナウイルス騒動以降、「マンションの価格が下がる」という見立てが一般的になってきました。未来の見通しが立たないとき、消費者は何千万円もする買い物をするマインドになりにくくなり、とりわけ新築マンションが売れなくなります。しかしこの騒ぎの前まで、メジャーだったのは「東京都心のマンション価格だけは下がらない」という価値観でした。高値?みをした人もいるかもしれません。

    振り返れば2013年、日銀の黒田東彦総裁が異次元金融緩和を始めたことでマネタリーベースが増加。その恩恵を受けた不動産市場で「局地バブル」が発生し、それ以来、東京のマンション価格は上がり続けていました。しかし、いずれ下がることは予見できていたことでした。

    価格が下がることは10年前からわかっていた
    そのおもな根拠は、人口減少と供給過剰です。日本の人口は11年から減り始め、加速しています。一方で、新築住宅は毎年100万戸前後も建設されてきました。東京にかぎっていえば、25年に人口が、30年には世帯数がピークを迎え、その後減少に転じると予測されています。すると万年供給過剰の状態になり、取引価格が下がります。

    実際、17年の時点で供給は過剰でした。本来なら値段が下がるべきなのに、多くの人が「値段が下がる」とは考えず、需要が落ちなかったので価格が維持されてきたのです。そして不動産価格は18年ごろに頂点を迎え、19年が踊り場になります。20年の秋を起点にジワジワ下がると私は予想してましたが、コロナ騒動で前倒しになりました。

    それでも取材時の春先の時点では、不動産業界にまだ不況感はありません。半分冗談ですが、不動産屋はほんの10日先ぐらいしか見ていないからです。10年前から人口の減少はわかっていたのに、「そんなこと言っても、まだ下がらないじゃないか」と不動産屋は考え、それに同調した消費者が物件を高値で購入してしまう。信憑性のあるデータを示されても、自分の給料が減るか、雇用がなくならない限り、ほとんどの人は不況を実感しないのです。

    過去から現在の線路がまっすぐつながっていると、人間はその延長線上に未来があると思い込んでしまいます。しかしそんな直線はありません。バブルの中にいる人は、「自分だけはうまく降りることができる」と信じていますが、そのタイミングを見極めるのは極めて難しいのです。
    https://president.jp/articles/-/35361

    【【不動産】大予測! タワマンを高値づかみしている人たちの末路】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    highway-3392100_640
    1: あずささん ★ 2020/05/13(水) 16:48:39.85 ID:KZsRjb1u9
    資源エネルギー庁が13日発表したレギュラーガソリン1リットル当たりの店頭価格(11日時点)は、全国平均で前回調査時(4月27日)に比べ4円20銭安い124円80銭となった。新型コロナウイルスの感染拡大を背景に、原油市況が大幅に下落したことを反映した。2016年10月以来3年7カ月ぶりの安値水準となった。
    全47都道府県で下落した。下げ幅は秋田の7円20銭が最大で、北海道の6円90銭、奈良の6円50銭と続いた。

    ソース/時事通信社
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020051300854&g=eco

    【【経済・日経平均】ガソリン下落、124.8円 原油安で、3年7カ月ぶり安値】の続きを読む

    このページのトップヘ