いい株まとめ

2ch、5ch、Twitterなどから株等の儲かる情報をまとめます。 日本株と米国株が中心。 方針は儲かると面白いの二本立てです。

  • Twitter
  • RSS

    予想

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    yuenchi_family
    1: 名無しの投資家 2023/01/27(金) 08:31:22.36 ID:hByAyuNE9
    ITmedia ビジネスオンライン 1/27(金) 7:05

    世界の観光都市ランキング (画像はイメージ)
     最も“観光力”のある都市はどこか――。世界旅行ツーリズム協議会(以下、WTTC)が、Visaの後援を受けて英調査会社オックスフォード・エコノミクスと共同で実施した調査によると、世界で最も観光力のある都市はパリで、東京は7位であることが分かった。

    10年後は北京と上海が1位、2位になると予測

     本調査は、2022年の旅行・観光分野におけるGDP、雇用、消費への貢献度を試算し、分析した。

    2022年 世界の都市の観光GDP貢献額トップ10
     世界で最も観光力のある都市はパリとなり、GDPへの直接的な貢献額は360億ドル(約4.6兆円)。次いで、2位は北京で330億ドル、3位は米国のオーランドが310億ドルと続いた。東京は180億ドルで7位となった。

    1位 パリ 360億ドル

    2位 北京 330億ドル

    3位 オーランド 310億ドル

    4位 上海 300億ドル

    5位 ラスベガス 230億ドル

    6位 ニューヨーク 211億ドル

    7位 東京 180億ドル

    8位 メキシコシティ 170億ドル

    9位 ロンドン 150億ドル

    10位 広州 130億ドル

    2032年には北京が1位、上海が2位になると予測
     本調査によると、10年後(32年)にパリは490億ドルに成長するものの、北京がその額をはるかに上回る770億ドルにのぼるとした。東京も300億ドルまで増加するものの、ランキングでは10位に下落すると予測する。

     中国はホテル、交通インフラ、観光地に投資しており、過去10年間で見ても「驚異的な成長をした」と指摘する。WTTC会長兼CEOのジュリア・シンプソン氏は、「ロンドン、パリ、ニューヨークなどの主要都市は今後も世界の強豪都市であり続ける」とした上で、「今後数年間で、北京、上海、マカオが上位都市のリストに名を連ねることになるだろう」と述べた。

    2032年 世界の都市の観光GDP貢献額予測トップ

    1位 北京 770億ドル

    2位 上海 710億ドル

    3位 パリ 490億ドル

    4位 オーランド 450億ドル

    5位 ラスベガス 370億ドル

    6位 広州 350億ドル

    7位 ニューヨーク 340億ドル

    8位 マカオ 330億ドル

    9位 バンコク 320億ドル

    10位 東京 300億ドル

    ITmedia ビジネスオンライン
    https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/e35e93b9887d4767fe2423198e3e45542cbf30c7&preview=auto

    【世界の観光都市ランキング、1位は「パリ」東京は? 10年後の予測も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    iphone-393080_640
    1: 名無しの投資家 2023/01/18(水) 11:06:03.04 ID:mgwhys5x
     スマートフォン業界にとって2023年は、出荷台数の減少と市場の圧力により困難な年になる可能性があると、市場調査会社Canalysは予測している。

     Canalysが米国時間1月17日に公開したレポートによると、世界のスマートフォン出荷台数は2022年第4四半期に17%減少し、2022年通期では11%減少したという。同社のアナリストRunar Bjorhovde氏は、「通期および第4四半期の実績として、過去10年で最悪」と評した。

     レポートによると、2022年第4四半期の実績は、前年同期とはまったく異なるものだった。2021年第4四半期には、スマートフォン業界で需要が高まり、サプライチェーンの問題も少なかったという。

     2022年第4四半期の市場シェアは、Appleが25%で首位となり、続いてサムスンが20%、小米科技(シャオミ)が11%となっている。

     Canalysは2023年の同市場を「横ばいからわずかな成長」と予測し、近いうちに状況が緩和される見込みはないとしている。インフレ、金利上昇、レイオフの広がりによって景気の先行きが見通せない中、テクノロジー業界は不透明な1年に直面している。なお、出荷台数は販売台数とは異なるが、スマートフォン業界全体の市場を表す指標となっている。

     同社のアナリストLe Xuan Chiew氏はレポートの中で、「インフレ圧力は徐々に収まるだろうが、金利上昇、景気減速、労働市場の悪化の影響により、市場の潜在能力は制限されるだろう」と予測している。
    2023年01月18日 10時05分
    https://japan.cnet.com/article/35198737/

    【世界スマホ市場、2023年は成長見込めず--Canalys予測】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    money_toushi
    261: 名無しの投資家 2023/01/08(日) 12:16:36.65 ID:0L5PoHuSd
    業界1位か01銘柄買っておけば安泰よ(適当)

    【10年前に発表された「10年後も生き残っている会社」 当たってる?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    kabu_chart_smartphone_woman
    670: 名無しの投資家 2023/01/09(月) 00:51:58.56 ID:5LF71GhX0
    機関投資家がまた悪さするだろうから、株価に一喜一憂しないで気楽にするのが良いんだろうな
    それこそスレタイ通りに

    【下がると思うなら空売りすればいいのになぜしないのか 売りポジの目線なら有能になるのでは】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    stock-1863880_640

    1: 名無しの投資家 2023/01/03(火) 01:29:39.03 ID:/jIjjwFC
    国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は1日の米テレビで「世界の多くにとって、今年はこれまでよりも厳しい年になりそうだ」との見通しを示した。IMFは月内に経済見通しを改定する予定で、2023年の世界の成長率を昨年10月時点の2.7%から引き下げる可能性もありそうだ。

    IMFは、先進国の中央銀行で相次ぐ政策金利の引き上げなどを理由に、昨年10月に見通しを下方修正した。米国などで利上げは続いており、景気後退への懸念は高まっている。

     ゲオルギエワ氏は世界経済のマイナス要因について「米国、EU、中国が同時に減速している」と指摘した。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1ab30a0b3ceab06b7022e1ee59b61b0e646811b7

    【【経済】IMF、世界経済「厳しい年に」 成長率見通し引き下げか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    kabu_chart_man_happy (1)
    188: 名無しの投資家 2023/01/02(月) 12:45:00.34 ID:khlcdZXJd
    株価予想出てる

    【【日本株】一流専門家の予想どれも強気なんだけど、今仕込んどけば勝てるよな】の続きを読む

    このページのトップヘ