いい株まとめ

2ch、5ch、Twitterなどから株等の儲かる情報をまとめます。 日本株と米国株が中心。 方針は儲かると面白いの二本立てです。

        
       当サイトはアフィリエイト広告を利用しています     

    ホリエモン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    kaisya_desk1_syachou_young_man
    1: 名無しの投資家 2023/07/21(金) 22:36:22.52 ID:fFpdHvA1
    堀江さんは7月6日、京都大学で開かれたスタートアップの世界的なピッチコンテスト「スタートアップワールドカップ2023」の国内予選にゲストとして登壇。主催するアメリカのベンチャーキャピタル「ペガサス・テック・ベンチャーズ」代表、アニス・ウッザマン氏と対談した。

    テーマは「日本のベンチャー企業が世界で輝くために」で、堀江さんは自身の起業経験や、今後、世界市場でも競争力がある分野について語った。対談の主な内容は次のとおり。(以下、敬称略)

    中略
    ウッザマン アメリカでも実は、早めに実行しようということがメインのエッセンス。パテントを期待するとか、特許を取得して待つとか、みんなに(アイデア)盗まれちゃったら駄目だとか、そういう考えでは結局、企業を作れないんですよね。

    それで堀江さんのもう一つの本「2035 10年後のニッポン ホリエモンの未来予測大全」も紹介したいです。今日の対談のメインテーマは「日本のベンチャー企業が世界で輝くために」ということなんですが、この本の中にもそのテーマは含まれていますか。

    堀江 もちろん含まれています。シード(種)的なテクノロジーって山のように大学とか研究機関とかにはあって、企業の中にもたくさんシードの技術ってのはあります。誰も見向きしないんだけど、見る人が見ればわかるという技術が、実は山のようにあって。

    日本だと例えば、光関係の技術ってめちゃくちゃすごいんですよ。光ってちょっとアナログなんで、経験と技術の蓄積みたいなものがめちゃくちゃものを言う世界。経験、ノウハウの蓄積が連綿と受け継がれてるからこそ、光技術のレベルの高さみたいなものが維持できてるんですけれども、それって産業化しないと駄目なんですよ。

    産業化をして、もうからないとお金が戻っていかないんで。もうからないとか日の目を見なかったら、やっぱり研究者がやる気を失うんで。

    こういう状態の中、以前は総花的にやっていてもよかったんですが、日本もアメリカや中国と競合するためには、最近は「重点科目」を絞って、日本の得意分野を伸ばしていかなければいけない。

    日本の得意分野はITとかバイオではない。まあ、バイオは多少あるんだろうけれども、ITではないと思うんですよね。ITでGAFAに勝つのは結構、僕は大変だと思いますよ。だって給料が高いもん。何倍も(給料を)あげているんだから、そりゃ行きますよね。日本人だって。

    だから、そうじゃない部分でやらないと絶対勝てないと思うんですよ。そういう分野は本当に少なくて。それこそロボットもそうだし、光の技術もそうだし、我々がやってるロケットもそうだし、限られる。

    ロケットなんかは産業の総合格闘技なので。まず鉄を作れない、鋼鉄を作れないとロケットって作れないんですよね。つまり鋼鉄を作れないと特殊鋼が作れない。特殊鋼が作らないと工具が作れない。工具がないと工作機械が動かない。工作機械が動かないと部品が作れない、という流れの中で、これ全部サプライチェーンになってるわけですけど、その結果として、高度な部品が作られて、ロケットが飛ばせるわけです。

    でも全部それができる国って、アジアに何カ国ありますかと。韓国、中国、インド、でしょ。多分両手で数えられるぐらいしかロケット作れる国ってないので、逆に言うと、競争が緩いですよね。

    やっぱり、やるからには日本人であることがアドバンテージになっていることをやる、有利に勝負できる分野に行くべきなんです。

    ITなんかもう超絶レッドオーシャンなんで。日本でそこそこうまくいく、ということでよければ全然ITをお勧めします。お金もいらないし、投資はいらない。失敗してもそんなリスク高くない。

    ですけど、本当に世界をとろうと思ったら、日本人であること、日本に住んでること、これがアドバンテージになって、競争が緩いところを選ぶしかなくて。

    そうなってくると、一つはそういった部分なんだけど、もう一つは僕、キーワードは水だと思っているんですよね。日本は世界で唯一、水の豊かな国、「湯水のごとく」ということわざがあるんですけど、おいしい水が全国でいくらでも使いたい放題という国は、日本しかない。これを生かしたビジネス、それはインバウンド観光なのかもしれないし、何か和牛みたいなものかもしれない。

    和牛は僕がやらせてもらってますよね。僕は全部、日本人であること、日本人のアドバンテージがとれること、ニッチというか競争が激しくないことみたいな条件の中で考えてやってるんで、和牛やってるんですけど。そういう事業がいいと思います。
    https://globe.asahi.com/article/14960624

    【【実業家】堀江貴文氏が考える、いま起業するならこの分野「ITなんかもう超絶レッドオーシャン」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    owarai_manzai
    1: 名無しの投資家 2023/06/02(金) 09:02:15.26 ID:4mKSfnwS0 BE:419087453-2BP(2000)
    お笑いって想像力と言語能力によって面白いのが変わってくるのは仕方ない。

    アンパンマンってある程度年齢になれば
    最初の3分でオチのパターン想像できるでしょ?
    いつまでも面白くないでしょ?って感じ

    それと一緒で、言語能力が上がると
    お笑いの作り上げられた台本が、なぜ今わざわざ、そのセリフを言ったのかわかっちゃうのよ
    台本作る人は大衆がわかる言語を並べて、そこからどう裏切るかを設計してるわけなんで

    この差は年齢ではなくて、想像力と言語能力の違いだから仕方ない・・・
    「手品のネタがわかっちゃう手品はつまんない」のと同じですよねー

    漫才の基本は
    ボケ→心地よい裏切り
    ツッコミ→小気味いい状況説明(ここが面白いよ)

    ツッコミがいることで、より多くの人が面白いと感じる仕組みがよく出来てるんだけど、だからこそ言語能力が高い人にとって、ツッコミも面白くないんだと思うんだよねー。

    M-1は特に
    心地よい裏切りを
    小気味良い説明して
    なるべく多くの人に笑ってもらう漫才賞レースですから

    1.なるべく多くの人が理解できる(言語能力が低い人でも理解ができる仕組みと内容)
    2.より多くの人に先を読ませないで心地よい裏切りを起こす(言語能力が高い人は先読みしてしまう)

    これじゃあ、言語能力が高い人はつまらないのは当然の仕組みですよねー

    https://note.com/takapon/n/nc6f2a4b7d727

    【ホリエモン「M-1はアンパンマンと同レベル。最初の3分でオチのパターン想像できて面白くない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    business_eigyou_man
    1: 名無しの投資家 2023/03/17(金) 02:55:33.73 ID:/9gAxWdh0
    私は起業するに当たって、自分の好きな商売ではなく確実に上手くいく商売から始めたほうがいいと言っている。具体的には、

    利益率の高い商売
    在庫を持たない商売
    定期的に一定額の収入が入ってくる商売
    資本ゼロあるいは小資本で始められる商売

    をやればほぼ確実にうまくいくと指南してきた。
    これは正しいと思うのだが、どうもたまに上手くいかない人がいるみたいだ。
    なぜだろう?と疑問に思って考えてみた。

    で、これなんじゃないか?と思ったことが一つだけあった。
    それは睡眠時間以外のほぼ全てを仕事に使っていないということじゃないかと。
    私が8時間以上ずっと机に座ってデスクワークをしていて食事も仕事しながら摂っていたみたいな話を書いたらメルマガで質問があった。
    デスクワークをしていると、ついつい動画サイトやらをみてしまうんだと。

    動画だあ?そんなもん見てる暇ない。仕事で映画評をやるので映画の試写会にいくか、
    twitterで激しくソーシャルフィルタリングされた動画とかしかみない。それもダダ漏れ系とかはちょっとだけチェックして仕事に逆戻りだ。ゲームなんかしてる暇無い。仕事でレビューが必要だからとりあえず買ってちょっとだけしかやらない。
    雑誌や漫画は基本的には移動中、電波が通じないところでしか見ない。書籍は書評やレビューが必要なときにしか読まない。それも移動中が中心だ。

    起業して3年くらいは、友達と飲みに行くこともほとんど無かったし、異業種交流会とか講演会の類も一度も行ったことがない。
    そんなの行くくらいだったら講演者の書籍を自分のペースで速読したほうがいい。メルマガを発行してたらそれを読めばよい。行く時間も勿体無い。
    今は違うが、当時は食事の時間も勿体無いので1Fにあるファミリーマートから弁当やら揚げたての惣菜やらを買ってきて食べてた。
    それすら時間がもったいなくて社員に買いにいかせたこともある。宅配の弁当屋もよく利用していた。

    【堀江貴文さん「起業してほぼ確実に成功する方法を教えます」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ebook_reader
    1: 風吹けば名無し 2022/08/22(月) 19:51:02.48 ID:MqzoIzRF0
    じゃあ何読めばええねん

    【本読めっていう癖に自己啓発読んだら馬鹿にされる謎】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title

    1: 風吹けば名無し 2021/04/29(木) 08:02:22.92 ID:mOlYgi2d0

    【【悲報】ホリエモン「なんというかほんと性格悪い人おおいなあ、、、」と嘆く】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    fried-rice-1808330_640
    1: ち-ん ◆SwOvDWxHcc 2021/02/24(水) 14:16:46.06 ID:hFlK9ky2d


    ホリエモンの主張まとめ

    チャーハンとチャーハン大盛の違いは米の量だけ(具材は普通盛りと同じ)
    つまり、白米をいっぱい食べてお腹を満たすだけの行為(=バカ)
    お腹を満たしたいのであれば、チャーハンと時間をずらして半チャーハンにすべき
    この3つの主張が正しいかどうかを料理人歴15年の私が解説します。

    ホリエモンの主張は正しいか、解説

    〇 チャーハンとチャーハン大盛の違いは米の量だけ(具材は普通盛りと同じ)
    ▲ つまり、白米をいっぱい食べてお腹を満たすだけの行為(=バカ)
    〇 お腹を満たしたいのであれば、チャーハンと時間をずらして半チャーハンにすべき
    〇 チャーハンとチャーハン大盛の違いは米の量だけ

    飲食店における「大盛」は主張の通り、基本的には「ご飯の量を増量しているだけ」です。つまり、ホリエモン氏が主張しているように、具材が増量しているわけではないので違いは基本的にお米の量のみです。

    但し、調味料(ウェイパー)的なものは気持ち程度多く含まれる可能性は0ではありません。

    ▲ つまり、白米をいっぱい食べてお腹を満たすだけの行為(=バカ)

    大盛にしたい理由は間違いなく「お腹を満たしたいから」という理由で間違いないでしょう。

    但し、それを【=バカ】と結論付けるのはいささか乱暴かと考えられます。飲食店で15年も働いている私ですから、少しエピソードを交えて解説します。

    【ホリエモン「ラーメン屋でチャーハン大盛頼むのはバカ」料理人歴15年のプロ「その通り」】の続きを読む

    このページのトップヘ