いい株まとめ

2ch、5ch、Twitterなどから株等の儲かる情報をまとめます。 日本株と米国株が中心。 方針は儲かると面白いの二本立てです。

        
       当サイトはアフィリエイト広告を利用しています     

    プロレス

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    men-83501_640

    1: 名無し募集中。。。 2021/08/05(木) 12:39:32.68 0
    中邑はメダル候補だよね

    【もし五輪正式競技にプロレスが採用されたら】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    money_megakuramu_woman
    1: 爆笑ゴリラ ★ 2021/01/29(金) 13:12:33.32 ID:CAP_USER9 BE:706227179-2BP(0)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    1/29(金) 12:48配信
    スポニチアネックス
     
     元女子プロレスラーでタレントのブル中野(53)が28日深夜放送のテレビ東京「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(木曜深夜0・12)に出演。渡米後のギャラ事情について語った。

     悪役レスラーとして日本女子プロレス界をけん引したブルだったが、その後は活動の場をアメリカに移した。「(アメリカは)やっぱり(選手の)人数もすごいし観客動員数もすごい」といい、給料は「13倍くらい」に跳ね上がったと明かした。

     給料について具体的な金額を問われると、「アメリカでも月27試合くらいあった」として「1カ月いくらとかいうよりも3分100万円とか」と告白。「(試合を)長ーくやりたいですよね、絶対(時間を)巻かないです」と語って笑いを誘った。

     稼いだお金の使い道は「貯めてたんですけど、日本で“お酒・たばこ・男の人はダメ”って言われてて海外行ったらやりたい放題じゃないですか」といい、「夜はちゃんと飲みに行ったりとか」と回顧。一晩で焼酎を2リットル以上飲んでいたことが明かされると「飲むと(体が)痛いのを忘れちゃうので、その間に寝ちゃうみたいな感じで、毎日毎日」と語った。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c0cbb3cdbebd91d202c824bda5b71c2897dcea31

    【【ブル中野】「3分100万円」 米女子プロレスの驚きのギャラ明かす】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2020/10/04(日) 19:48:51.88 ID:Fl9IBM1z9
    2020年10月4日 7時54分●新型コロナ(10/4)

    倒されても何度でも立ち上がるプロレスラーの姿を見て元気になってもらおうと、車内でプロレスを観戦するユニークな列車が運行されました。

    no title


    「列車内プロレス」が行われたのは、新潟と福島を結ぶJR只見線の2両編成の貸し切り列車で、5人のプロレスラーが登場しました。

    車内ではレスラーたちが所狭しと駆け回ったり、倒れた相手に座席から飛びかかる大技も飛び出したりして乗客をわかせていました。

    JR只見線は平成23年の豪雨で今も福島県側の一部の区間で不通が続いていて、「列車内プロレス」はその復旧を応援しようと有志らが3年前から始めました。

    ことしは新型コロナウイルスの影響で開催が危ぶまれましたが、レスラーが何度も立ち上がる姿で今こそ元気を届けたいと開催が決まったということです。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201004/K10012647071_2010041435_2010041436_01_05.jpg

    感染症対策として乗客は検温や手の消毒、それにマスクの着用が求められ、中にはプロレスの覆面マスクをする人の姿も見られました。

    乗客の女性は「最近は飲みにも行けませんがストレスが発散できました。選手を近くで見ることできて迫力がありました」と話していました。

    実行委員長の目黒公司さんは「新型コロナの影響で開催をどうしようか悩んだが、対策をすれば実施できると考えました。諦めずに立ち上がっていこうというのがいちばんのメッセージです」と話していました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201004/k10012647071000.html

    【【JR只見線】車内でプロレス観戦 “何度も立ち上がる姿で元気を”】の続きを読む

    このページのトップヘ