いい株まとめ

株等の儲かる情報をまとめていきます。 方針は儲かると面白いの二本立てです。

    テスラ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    car_blue
    1: ムヒタ ★ 2021/09/02(木) 06:07:39.81 ID:CAP_USER
    電気自動車(EV)の技術で日本の車業界が優位に立っていることが、米国における特許の分析から分かった。特許の重要度をスコア化し出願企業を順位付けしたところ、首位はトヨタ自動車だった。日本企業が上位50社の4割を占めた。ただ、EV販売では米テスラなどに出遅れている。技術力を販売につなげ開発投資の原資を確保する好循環を生み出せなければ、いずれ技術面でも逆転されかねない。

    日本経済新聞が特許調査会社パテント・リザルト...
    2021年9月2日 0:00 (2021年9月2日 5:38更新)
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC05CR00V00C21A8000000/

    【【EV】EV特許の競争力、トヨタ首位 優位の日本勢は販売に課題】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title

    1: ムヒタ ★ 2021/08/20(金) 13:31:55.36 ID:CAP_USER
     電気自動車を手掛ける米Teslaは8月19日(米国時間)、同社のイベント「AI Day」の中で、人型ロボット「Tesla Bot」の開発を発表した。2022年にプロトタイプを公開するという。

    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/2108/20/ki_1609376_teslabot01.jpg

     ロボットの身長は約173cmで重量は約57kg。約20kgまでの荷物を持って時速8kmで移動できるという。人が行っている危険なタスクや反復作業、つまらない作業などを肩代わりするのがコンセプトだ。イーロン・マスクCEOは「この世界は人間が人間のために作っている」として、人の作業を代わるには人型が適しているとする考えを示した。

     ボディーは白い流線形で、人間が白いタイツを被った姿に近い(壇上ではTesla Botを模した人間のパフォーマーがダンスを披露した)。頭から肩に掛けては黒く、顔面にはスクリーンを備え、情報を表示できるという。

     頭部には8つのカメラを搭載。胸部のコンピュータを使って捉えた映像を機械学習で処理し、“完全自動運転”を実現するという。
    2021年08月20日 12時02分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2108/20/news093.html

    【【ロボット】Tesla、人型ロボット開発に参入 2022年にプロトタイプ公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    setsuden_airconditioner_man
    1: ムヒタ ★ 2021/08/19(木) 10:35:28.78 ID:CAP_USER
    米電気自動車(EV)大手のテスラが日本で電力ビジネスに参入する。電力需給の調整弁となる大型蓄電池と制御システムを電力事業者に供給し、天候によって発電量が変動する再生可能エネルギーの有効活用を後押しする。国内相場の約5分の1の価格で販売する予定で、再生エネの導入コストが下がる効果も期待できる。

    再生エネ発電所は安定して発電しにくい。必要以上に発電すると需給バランスが崩れ、送電網がパンクして停電を起こ...
    2021年8月19日 2:00 (2021年8月19日 10:13更新)
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC06AO50W1A800C2000000/

    【【環境】テスラ、日本で送電向け蓄電池を供給 価格5分の1に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    main-board-89050_640
    1: ムヒタ ★ 2021/08/13(金) 09:05:34.85 ID:CAP_USER
    【シリコンバレー=白石武志】米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は12日、ルネサスエレクトロニクスと独ボッシュの2社による半導体の供給不足がテスラの電気自動車(EV)生産を阻害していると指摘した。あえて特定のサプライヤーを名指しすることで、供給量を増やすようハッパをかける狙いとみられる。

    マスク氏は、米著名投資家のキャシー・ウッド氏によるテスラに関するツイッターへの投稿に答えるかたちで、「我々は特定の『標準的な』自動車用半導体について極端なサプライチェーンの制限下で運営している」と述べた。「断然、最も問題なのはルネサスとボッシュだ」とも書き込んだ。ウッド氏が最高経営責任者(CEO)を務める米運用会社アーク・インベストメント・マネジメントはテスラの大株主でもある。

    ルネサスは3月に火災が起きた主力工場の那珂工場(茨城県ひたちなか市)について、7月末までに出荷量が正常化したとしている。ただ、足元でも自動車や家電など幅広い分野の旺盛な需要を満たす供給量は確保できていないとみられる。

    自動車部品世界最大手のボッシュは半導体の有力メーカーでもある。6月には独ドレスデンに半導体の新工場を完成させ、9月をメドにエアバッグやエンジン制御などに使う半導体の生産を始める計画を示している。同社の広報担当者はテスラとの取引に関するコメントは避けつつ、「我々の最大の目標はサプライチェーンを可能な限り円滑に運営することだ」と述べた。

    半導体メーカーへの圧力を強めるのはテスラだけではない。自動車業界における半導体不足が本格化した2021年1月には独フォルクスワーゲン(VW)が部品を予定通り供給できないボッシュや独コンチネンタルを非難し、損害賠償請求に向けた協議を持ったと報じられた。

    一方で短期間の生産見通しや発注しか示してこなかった自動車メーカーに不満を持つサプライヤー側が長期契約を求めるケースも出始めている。世界的な半導体不足を契機に、部品在庫を必要最小限に抑える「ジャストインタイム」を前提としてきた自動車業界の慣習が崩れつつある。

    アークのウッド氏はツイートの中で、テスラの中国工場における7月の国内向けのEV出荷台数が落ち込んだことを理由に、中国のEV市場で現地メーカーの支配力が高まりつつあると分析した。この点についてマスク氏は「四半期の前半に輸出用、後半に国内市場用の車を生産している」と述べ、中国国内向けの出荷減は一時的だと説明した。
    2021年8月13日 4:27 (2021年8月13日 7:24更新)
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN12CVP0S1A810C2000000/

    【【EV】テスラCEO、半導体不足でルネサスと独ボッシュを名指し】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: 田杉山脈 ★ 2021/08/01(日) 21:38:28.97 ID:CAP_USER
    米電気自動車(EV)メーカー、テスラの創業者であるイーロン・マスク氏が5年前、米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)にテスラの買収を電話で持ちかけ、自らがアップルのCEOに就くことを条件にしていたとする逸話が8月1日までに明らかになった。

    米紙ロサンゼルス・タイムズが、米紙ウォールストリート・ジャーナルのティム・ヒギンズ記者が近く出版する書物の書評の中で触れた。記事によると、クック氏は自身の職務が奪われることから語気を強めて電話を切ったという。

    ただ、両氏は共に話し合った事実は否定している。テスラは当時、主力の「モデル3」の販売に絡み製造の遅れなどの問題を抱える苦難に陥っていた。

    マスク氏は昨年12月、ツイッター上でアップルへのテスラ売却を検討したことがあると認めたもののクック氏と実際に話し合ったことは否定。アップルのEVへの参入計画の情報に関連しテスラを当時の時価の「10分の1」で売り渡すことを協議するためクック氏との接触を図ったが、会合を拒否されたことも明かしていた。

    マスク氏はロサンゼルス・タイムズ紙の書評が出た後の先月30日、書物の中で記されたようなクック氏とのやりとりはツイッター上でもなかったとも述べた。

    一方、ヒギンズ記者はこの説明を受け、テスラ売却をめぐるクック氏とのやりとりはマスク氏自身の説明を聞いたとする関係者に基づくと主張した。

    アップル側は書物の内容についてのCNN Businessの問い合わせにクック氏が今年4月に受けた別の記者による会見に言及。この中で同氏はマスク氏と話し合ったことは決してないと述べていた。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/dd6f74c88cd97a3d7eae37669a919a525884f8d0

    【【実業家】マスク氏がテスラの売却提案、アップルCEO就任条件に 新著で明らかに】の続きを読む

    このページのトップヘ