iphone-393080_640
1: BFU ★ 2022/08/11(木) 06:47:48.21 ID:uojw2eL49
楽天グループは10日、自社回線の携帯電話契約数が6月末時点で477万件と、4月時点から23万件減少したと発表した。2020年4月に携帯事業へ本格参入して以来、初めての契約数の減少となった。「月額0円」の料金プランの廃止が利用者の流出につながった。

 楽天は21年4月に、低価格料金プランを打ち出す携帯電話大手に対抗するため、データ利用量が月1ギガ・バイト(GB)まで0円とする料金プランを導入した。割安感から契約数は増えたが、今年5月に6月末での廃止を発表し、解約の動きが広がったとみられる。

 三木谷浩史会長兼社長は10日のオンライン記者会見で、契約数の減少について0円利用者を中心とした解約は想定通りとの認識を示し、「適正な売り上げを上げることにかじを切り、成長する」と述べた。

 もっとも、携帯電話事業は、投資費用がかさみ、グループ全体の経営の重荷となっている。10日発表の楽天の22年6月中間連結決算(国際会計基準)は、売上高にあたる売上収益が前年同期比12・6%増の8935億円だった一方、最終利益が1766億円の赤字と、前期(770億円の赤字)から赤字幅が拡大した。携帯電話事業の営業利益は2593億円の赤字だった。

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/f4ac8a24f3a284e89ae67d87251ea33a31bcdb7b&preview=auto

【楽天「0円プラン」廃止で携帯契約23万件減少…三木谷社長「想定通り」】の続きを読む