いい株まとめ

2ch、5ch、Twitterなどから株等の儲かる情報をまとめます。 日本株と米国株が中心。 方針は儲かると面白いの二本立てです。

        
       当サイトはアフィリエイト広告を利用しています     

    スタートアップ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    kaisya_desk1_syachou_young_man
    1: 名無しの投資家 2023/07/21(金) 22:36:22.52 ID:fFpdHvA1
    堀江さんは7月6日、京都大学で開かれたスタートアップの世界的なピッチコンテスト「スタートアップワールドカップ2023」の国内予選にゲストとして登壇。主催するアメリカのベンチャーキャピタル「ペガサス・テック・ベンチャーズ」代表、アニス・ウッザマン氏と対談した。

    テーマは「日本のベンチャー企業が世界で輝くために」で、堀江さんは自身の起業経験や、今後、世界市場でも競争力がある分野について語った。対談の主な内容は次のとおり。(以下、敬称略)

    中略
    ウッザマン アメリカでも実は、早めに実行しようということがメインのエッセンス。パテントを期待するとか、特許を取得して待つとか、みんなに(アイデア)盗まれちゃったら駄目だとか、そういう考えでは結局、企業を作れないんですよね。

    それで堀江さんのもう一つの本「2035 10年後のニッポン ホリエモンの未来予測大全」も紹介したいです。今日の対談のメインテーマは「日本のベンチャー企業が世界で輝くために」ということなんですが、この本の中にもそのテーマは含まれていますか。

    堀江 もちろん含まれています。シード(種)的なテクノロジーって山のように大学とか研究機関とかにはあって、企業の中にもたくさんシードの技術ってのはあります。誰も見向きしないんだけど、見る人が見ればわかるという技術が、実は山のようにあって。

    日本だと例えば、光関係の技術ってめちゃくちゃすごいんですよ。光ってちょっとアナログなんで、経験と技術の蓄積みたいなものがめちゃくちゃものを言う世界。経験、ノウハウの蓄積が連綿と受け継がれてるからこそ、光技術のレベルの高さみたいなものが維持できてるんですけれども、それって産業化しないと駄目なんですよ。

    産業化をして、もうからないとお金が戻っていかないんで。もうからないとか日の目を見なかったら、やっぱり研究者がやる気を失うんで。

    こういう状態の中、以前は総花的にやっていてもよかったんですが、日本もアメリカや中国と競合するためには、最近は「重点科目」を絞って、日本の得意分野を伸ばしていかなければいけない。

    日本の得意分野はITとかバイオではない。まあ、バイオは多少あるんだろうけれども、ITではないと思うんですよね。ITでGAFAに勝つのは結構、僕は大変だと思いますよ。だって給料が高いもん。何倍も(給料を)あげているんだから、そりゃ行きますよね。日本人だって。

    だから、そうじゃない部分でやらないと絶対勝てないと思うんですよ。そういう分野は本当に少なくて。それこそロボットもそうだし、光の技術もそうだし、我々がやってるロケットもそうだし、限られる。

    ロケットなんかは産業の総合格闘技なので。まず鉄を作れない、鋼鉄を作れないとロケットって作れないんですよね。つまり鋼鉄を作れないと特殊鋼が作れない。特殊鋼が作らないと工具が作れない。工具がないと工作機械が動かない。工作機械が動かないと部品が作れない、という流れの中で、これ全部サプライチェーンになってるわけですけど、その結果として、高度な部品が作られて、ロケットが飛ばせるわけです。

    でも全部それができる国って、アジアに何カ国ありますかと。韓国、中国、インド、でしょ。多分両手で数えられるぐらいしかロケット作れる国ってないので、逆に言うと、競争が緩いですよね。

    やっぱり、やるからには日本人であることがアドバンテージになっていることをやる、有利に勝負できる分野に行くべきなんです。

    ITなんかもう超絶レッドオーシャンなんで。日本でそこそこうまくいく、ということでよければ全然ITをお勧めします。お金もいらないし、投資はいらない。失敗してもそんなリスク高くない。

    ですけど、本当に世界をとろうと思ったら、日本人であること、日本に住んでること、これがアドバンテージになって、競争が緩いところを選ぶしかなくて。

    そうなってくると、一つはそういった部分なんだけど、もう一つは僕、キーワードは水だと思っているんですよね。日本は世界で唯一、水の豊かな国、「湯水のごとく」ということわざがあるんですけど、おいしい水が全国でいくらでも使いたい放題という国は、日本しかない。これを生かしたビジネス、それはインバウンド観光なのかもしれないし、何か和牛みたいなものかもしれない。

    和牛は僕がやらせてもらってますよね。僕は全部、日本人であること、日本人のアドバンテージがとれること、ニッチというか競争が激しくないことみたいな条件の中で考えてやってるんで、和牛やってるんですけど。そういう事業がいいと思います。
    https://globe.asahi.com/article/14960624

    【【実業家】堀江貴文氏が考える、いま起業するならこの分野「ITなんかもう超絶レッドオーシャン」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    sports_soccer_man_white

    本田圭佑、投資家として歩んだ6年 いま描く「世界初」の構想
    https://forbesjapan.com/articles/detail/51046

    「数えたら個人だけでも160社! 自分で引きますよ。やばい、投資しすぎやろ俺って」
    本田圭佑は取材中、呆れるように笑い出した。エンジェル投資家時代を含め、6年間で投資したスタートアップは250社を超える。「勉強代として割り切ったのもあります」と本田は苦笑する。

    1: 名無しの投資家 2023/04/17(月) 17:08:41.73 ID:2Hean3Qt
    石川
    2023年4月17日 14:07

    カレーチェーンを運営するゴーゴーカレーグループ(金沢市)は17日、プロサッカー選手の本田圭佑氏が運用する個人ファンド「KSK Angel Fund」を主要株主に迎えたと発表した。同ファンドの保有割合は非公表。本田氏の国際的な人脈や知名度で海外展開に弾みをつける考えだ。

    KSKは2016年設立で180社のスタートアップに投資しているが、外食産業への投資は今回が初という。本田氏は石川県の星稜高校出身で金沢に縁がある。ゴーゴー社のフードテック事業に関心を持った本田氏側から投資を打診したという。

    ゴーゴーカレーは国内外に約100店舗を持ち、デジタル技術を活用したフードテック企業になることを掲げる。欧米や東南アジアなどで出店を増やす考えで、創業者兼会長の宮森宏和氏は「本田氏のグローバル人脈と突破力もエネルギーとし世界一を目指す」としている。

    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC173100X10C23A4000000/

    【【投資家】ゴーゴーカレー、本田圭佑氏が主要株主に 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    money_toushi_shippai
    1: 名無しの投資家 2023/03/11(土) 10:50:43.61 ID:L/YqsuUed
    逝った模様

    【S&P500、逝く】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    fukidashi_tensyoku_man
    1: 風吹けば名無し 2021/10/26(火) 04:41:42.88 ID:Wxpn95K00
    ちな今は大企業

    【33歳でスタートアップに転職しようと思ってるんやが相談乗ってくれ】の続きを読む

    このページのトップヘ