いい株まとめ

株等の儲かる情報をまとめていきます。 方針は儲かると面白いの二本立てです。

    キャンプ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    tent-548022_640
    1: 名無しさん@おーぷん 20/12/19(土)20:58:47 ID:bMt
    (アカン)

    【ソロキャンプ来たけどクソ寒くて死にそう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    tent-548022_640
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2020/11/16(月) 10:05:31.28 ID:AScZemFb9
    社会 雑学2020/11/15 9:00

     2020年といえば、世界中が新型コロナウイルスに翻弄されつづけている1年。日本では3月頃から各種学校が休校となり、4月からは本格的な外出自粛がもとめられ、解除になって以降も引き続き「密閉」「密集」「密接」の「三つの密」を心がけるよう求められています。

     このため人が集まる場所は避け、旅行などでも遠方へ足を運ぶのではなく、近隣ですませる人が増えています。ともない、注目されはじめたのが「キャンプ」。キャンプ場は人と人との距離がある程度保たれ、しかも自然にも多くふれあえるとあり人気が集まっています。

     しかし、普段からやり慣れていない人や今年始めたばかりの人たちも多く訪れているようで、SNS上にはしばしばキャンプ愛好家たちから嘆きの声が投稿されるようになりました。

     つい先日も、Twitterユーザーのりょーきゃん【新潟キャンパー】さん(@r_camping_photo)の投稿が話題になっています。

     りょーきゃんさんは10月下旬のある日、馴染みの無料キャンプ場にでかけたといいます。そこで目にしたのは、あちこちに落ちていた炭(木炭)。

     あまりの事に出来る範囲の炭は拾って持ち帰ったと言いますが、この状況を広く知って欲しいと願いTwitter上で注意喚起を行いました。

    "
    『今回のキャンプ全体的に楽しかったんですが1つだけ
    けっこうな箇所に炭が捨ててあってちょいがっかり
    「炭は自然には帰らない」
    一瞬感情的になりかけましたが、自分も最初は知らなかったので、多くの人に知ってもらえると嬉しいです』

    『今回、あまりにも目立つ捨てられ方をしてたのでその分は自分が拾って帰りました。
    環境破壊の側面だけでなく、
    使えるキャンプ場が減る
    他のキャンパーが不快な思いをする
    そんな可能性もあります
    心当たりがある方
    次から気をつけてキャンプしていただければと思います』
    "

     この投稿は1万RTも拡散され多くの人の目に触れることに。特に「炭は自然に還らない」という点が注目されていました。

    https://otakei.otakuma.net/wp/wp-content/uploads/2020/11/r_camping_photo02.jpg

     りょーきゃんさんに話を聞くと「キャンプを始めて2年になりますが、ここまで散乱しているのは今回が初めてです。芝生が焼けているのを見たことがある程度でした。(りょーきゃんさんが炭の散乱を目撃した場所が)無料のキャンプ場だからでしょうか」と、昨年とは違う変化を語っています。

     また、この頃は「水場(洗い場)が汚くなっていることが気になります。食事の残り、炭、バーベキュー網など捨てられていることがあります」という話も。

     無料キャンプ場だからこそ監視の目が届きづらく、好き勝手していく人が一層多いのかもしれません。ただ、こういう行為がつづけば、キャンプ場閉鎖も大いにあり得る事態です。


    ■ 炭はそのままだと肥料や土壌改良には使えません
     炭(木炭)の主成分は「炭素」です。細かい説明ははしょりますが、ざっくり説明すると非常に安定しているため、“そのままでは”とても分解されにくい物質である、ということ。

     遺跡などの発掘現場で、土中からうん万年前の炭や火事跡が出てきた、というニュースをみたことがないでしょうか?炭は放置すれば、それぐらい長く残り続けます。

     炭を土壌改良のために使用することはありますが(空気を入れるなどの理由で)、使用する場合にはそれ専用の加工が必要。キャンプなどで使われた単なる消し炭を「放置する・土に埋める」といった場合は、誰かが拾わない限り長くその場に残ることとなります。

     また、灰ならば肥料になって土地にもよく環境に優しいんじゃ……と思うかもしれませんが、灰の成分(何と一緒に燃やしたかでも影響します)や量によっては土壌汚染に繋がる可能性があります。肥料として使うならば、それ専用の加工がこちらも必要。

     家庭菜園などでは「炭・灰は畑に」という考えもあるようですが、それは自身の土地だからこそ許されること。同じ感覚でキャンプ場という「他人の土地」に、炭や灰を放置する行為は単なる「ゴミ投棄」でしかありません。

    ■ 癒やしのキャンプ場が地獄のキャンプ場に
          ===== 後略 =====
    全文は下記URLで
    URL: https://otakei.otakuma.net/archives/2020111503.html
    Last update: 2020/11/14 9:00 © C.S.T.ENTERTAINMENT Inc.

    【【社会】 キャンプは自由に見えてルールがある 知って欲しい大切なこと】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    tent-548022_640
    1: 名無しさん@おーぷん 20/11/10(火)20:29:34 ID:ZY4
    寒い中焚火とかしてみたいんやけど
    何用意すればええんや

    【冬キャンプに自信ニキ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/22(火) 07:43:27.032 ID:+2X2OIH7M
    no title

    流石にまずいよな

    【【画像】京都のキャンプ場、人だらけな件…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    tent-548022_640
    1: 名無しさん@おーぷん 20/08/29(土)08:44:43 ID:NFk
    食材は現地調達してこそキャンプやろ

    【ガチキャンプ勢ワイ、近年のニワカの「お外で料理したいだけ」勢の存在に咽び泣く】の続きを読む

    このページのトップヘ