いい株まとめ

2ch、5ch、Twitterなどから株等の儲かる情報をまとめます。 日本株と米国株が中心。 方針は儲かると面白いの二本立てです。

        
       当サイトはアフィリエイト広告を利用しています     

    インド

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    india-866692_640
    1: ソホスブビル(静岡県) [KR] 2020/09/02(水) 02:52:48.87 ID:YXRSlQ+k0● BE:789862737-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/u_okotowari.gif
    インド、ファーウェイなど中国通信機器を排除へ

    インドの関係省庁は同国の通信会社に対し、華為技術(ファーウェイ)をはじめとする中国企業の通信機器を採用しないよう指示した。25日の英フィナンシャル・タイムズ(FT、電子版)がインドの当局者、企業幹部の話として報じた。
    インド電気通信規制庁によると、同国の携帯電話の利用者(アクティブユーザー)は10億人に迫り、中国に次ぐ世界2位の規模だ。
    契約者数で同国2位と3位の英系ボーダフォン・アイデアと印バルティ・エアテルはファーウェイと大口の取引がある。インドから排除されればファーウェイなどへの打撃は大きい。

    日経 2020/8/26
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63008470V20C20A8EAF000/

    【【悲報】 インド、国内からファーウェイ含む中国メーカー排除を決定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    india-866692_640
    1: ヴェルコミクロビウム(埼玉県) [MA] 2020/08/27(木) 18:48:59.64 ID:OJr4EcOB0● BE:345749931-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/kotatu.gif
    日本でカレーを作っているインド人が、日本の熱さに悲鳴を上げている。あまりにも暑いため、自身のTwitterで「インド人だってあつい」「インドよりあつい」と苦しさを吐露しているのである。

    ・日本でカレーを作っているマツヤさん
    日本の暑さに悲鳴を上げているのは、日本でカレーを作っているインド人のマツヤ(Matsya)さん。彼は日本語は上手ではないものの、頑張って日本語で日本の暑さを伝えようとしている。以下は、マツヤさんのコメントである。

    ・マツヤさんのコメント
    「日本、あつくネ、?」

    「インド人だってねえ??あつい。??!インドより、?あついです」

    「あのですねえ??、。マツヤが、!!はじめて、?日本??!きた日。?から、あの日より。?しょうみな話、?絶対ねえ!たぶん。まあまあ?今は、かなり、まあ、?かなりねえ、?あついとおもいますけど??!、?はあ!?」

    (以下略)

    https://buzz-plus.com/wp-content/uploads/2020/08/matsuya1.jpg
    https://buzz-plus.com/article/2020/08/27/matsya-india-japan-atsui-news/

    【【話題】インド人が日本の夏に悲鳴「日本あつくね?」「インド人だってあつい」「インドよりあつい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    statue-of-liberty-267948_640
    43: 山師さん (ワッチョイ 3dec-YsWi [222.4.53.150]) 2020/07/21(火) 00:43:09.08 ID:P8nV5iE20
    ナスの日足を見てると先週の下げはどう考えても買い

    【米国株やってる人の溜まり場596の1 amazonとインド】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    india-866692_640
    1: エジプシャン・マウ(東京都) [UA] 2020/07/19(日) 19:04:53.54 ID:hU0d7vx10● BE:295723299-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    Google インドのデジタル化支援に約1兆円投資:対立する中国への抑止としても期待
    佐藤仁 | 学術研究員
    7/19(日) 13:00

     Googleは2020年7月13日に「Google for India 2020」をオンラインで開催。スンダー・ピチャイCEOが登壇し、インド市場に今後5~7年で約100億ドル(1兆円)を投資することを明らかにした。「Google for India Digitization Fund」と呼ばれる投資では以下の4分野でインドのデジタル化に向けて投資していく。

    1.様々な言語を話す10億人以上のインド人の誰もが安価で簡単に情報にアクセスできるようにする
    2.インド特有のニーズに合わせた新サービスと製品の提供
    3.企業のデジタル化を支援
    4.医療、教育、農業などの社会的ベネフィットのある分野でのAI(人工知能)の活用

     Googleは2015年から「Google for India」を開催し、インド市場で廉価版のAndroidスマホの販売や子供向け英語学習アプリ、インド市場向けのYouTube、AIを活用した洪水発生予測マップの提供、モバイル決済サービス、さらに中小企業のデジタル化の支援、現在は撤退したがインド全国の鉄道駅での無料Wi-Fiの敷設などを行ってきた。ピチャイCEOは「インド市場であらゆる企業と協力して、モディ首相とインド政府が推進しているデジタルインドのビジョンを実現していきたい」と語っていた。

     数年前からGoogleはインド政府が推進しているインドのデジタル化を目指した「デジタルインド」を積極的に支援してきた。Googleのビジネスモデルは9割以上が広告収入だ。Googleにとっても12億人以上のインド人がGoogleやYouTube、GメールなどGoogleの提供するサービスを利用してもらうことはGoogleの収益にもつながるので、インド市場がデジタル化されるためのインド市場への投資は重要であり、決慈善事業で行っているわけではない。

    対立する印中関係・中国製アプリ59本を禁止

     またインド政府にとってもGoogleのインド市場への投資は歓迎である。インドは中国と対立関係にあり、6月にはラダック地方でインド軍と中国軍が衝突して20人以上のインド軍兵士が死亡する事件が起きた。インド政府は中国がユーザーのデータ収集をすることがインドの安全保障と国家防衛の観点から脅威であるとして、インド人の若者にも大人気の動画アプリTikTokなど中国製のアプリ59本の利用禁止を求める勧告を出した。

     インド政府としては中国製のアプリを利用されてインド国民のデータや位置情報などを収集されることは国家安全保障にかかわり、インドと中国との緊張関係をさらに激化させる懸念がある。インド政府としても中国製のアプリやサービス、製品を使用されるよりは米国企業であるGoogleに支援してもらってインドのデジタル化を積極的に推進していきたい。ただインドで人気がある売れ筋のスマホは韓国サムスン以外は、Xiomi、Oppo、Vivo、Realmeなど中国メーカーだ。OSはGoogleのAndroidだが、中国メーカーがインドのスマホ市場の80%以上のシェアを握っており、インドでのスマホ端末はまだ中国製が圧倒的な存在感だ。
    https://news.yahoo.co.jp/byline/satohitoshi/20200719-00188856/

    【【中国離れ】Googleさん、インドのデジタル化支援に約1兆円投資】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 20/06/30(火)22:33:58 ID:PB8
    no title


    インド人「これや!」

    数学教授「えぇ......」

    【インド人「数学よくわからないンゴ...でも円周率の法則思い付いたで!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    india-866692_640
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2020/06/26(金) 16:44:55.57 ID:CAP_USER
    Record China配信日時:2020年6月26日(金) 12時30分

    2020年6月25日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、インドの飲食業界において大規模な中国人客ボイコットの動きが起きていると報じた。
    記事は、デリー最大の飲食業業界団体が、参加店舗にて中国人の入店を断ることへの支持を表明したと報道。同団体の会長が「インド政府を支持する。特に、今は中国とすでに半ば戦争の状態だ」とコメントしたことを挙げ、「同団体の支持表明が7万5000軒の飲食店に影響を与える」と伝えた。
    また、「今年は新型コロナウイルスの影響によりインドを訪れる中国人観光客がほとんどいなくなり、観光業界が深刻なダメージを受けている」とする一方で、インドの旅行業経営者からは「インドと中国が戦争すれば、インド人は中国人とビジネス関係を維持する必要がなくなる」との声が続々と出ていると紹介。背景には、インド人の多くが「インドにやってくる中国人とビジネスをしても、多くの利益を持って行くのは中国人だ」と認識していることがあるとの見方を示している。
    記事は、中印両国の貿易額は年間900億ドル(約9兆6000億円)に上っており、中でも中国メーカーである小米(シャオミ)のスマートフォンがインド市場で大きな人気を集めていると紹介。中国との関係が悪化する中で現地の販売店では小米のロゴを「インド製」と書かれた大きな看板などで隠す措置が取られ始めているという。ムンバイにある小米の販売店店主は「会社の責任者からそうするよう言われた。デモ参加者や政治からの攻撃を避けるためだ」とする一方、「それでもインド市場で小米の需要がなくなることは考えられず、みんな喜んで買い続けるだろう」とも語ったという。(翻訳・編集/川尻)

    https://www.recordchina.co.jp/b816593-s0-c10-d0135.html

    【【インド】 反中感情広がるインド、飲食店協会が「中国人お断り」―仏メディア 】の続きを読む

    このページのトップヘ